ニュース
» 2013年11月27日 11時42分 UPDATE

Corsair、50ミリ径の大型ドライバを採用したワイヤレスゲーミングヘッドセット

リンクスインターナショナルは、Corsair製となるワイヤレス接続型ゲーミングヘッドセット「Vengeance 2100」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは11月27日、Corsair製となるワイヤレス接続型ゲーミングヘッドセット「Vengeance 2100」(形番:CA-9011125-NA)の取り扱いを発表、11月30日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は1万6980円前後だ。

photophotophoto CA-9011125-NA(左/中)、専用ドライバソフトの設定画面(右)

 CA-9011125-NAは、最大で約12メートル通信距離を実現する2.4GHz帯接続に対応したワイヤレス型のゲーミングヘッドセット。迫力あるサウンドを楽しめる50ミリ径の大口径ドライバユニットを採用しているのも特徴で、7.1chドルビーデジタル対応のサラウンド機能も利用可能だ。

 本体のステータスを確認できるLEDインジケータも装備した。マイクはノイズキャンセリング機能を搭載、マイクアームの角度は無段階に調節できる。

 内蔵バッテリーの連続駆動時間は最大10時間。本体サイズは190(幅)×95(奥行き)×210(高さ)ミリ、重量は約370グラム。付属ドライバソフトの対応OSはWindows XP/Vista/7/8だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.