ニュース
» 2013年12月11日 14時16分 UPDATE

エイサー、Core i7搭載のミニタワー型PC「ATC603」など2モデル

日本エイサーは、ミニタワー型デスクトップPC「ATC603」、およびスリムデスクトップPC「AXC602」の2シリーズを発表。ともに無線LAN機能を標準装備した。

[ITmedia]

 日本エイサーは12月11日、ミニタワー型デスクトップPC「ATC603」、およびスリムデスクトップPC「AXC602」の2シリーズを発表、12月13日に販売を開始する。

photophoto ATC603シリーズ(左)、AXC602(右)

 ATC603シリーズは、ミニタワー型筐体を採用したデスクトップPCで、CPUとしてCore i7-4770(3.4GHz)を搭載したモデル。構成に応じて2製品をラインアップ、4Gバイトメモリを搭載した下位構成の「ATC603-F74F」、8Gバイトメモリ/GeForce GT 645を搭載した上位構成の「ATC603-F78F/G」を取り揃えた。

 ともにHDDは1Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。またIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+HSも利用可能となっている。OSはWindows 8 64ビット版だ。予想実売価格はATC603-F74Fが9万5000円前後、ATC603-F78F/Gが11万5000円前後。

 AXC602は、本体幅約100ミリのスリム筐体を採用するデスクトップPCで、CPUとしてCeleron 1007U(1.5GHz)を備えたエントリーモデルだ。メモリは4Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+HSも備えた。OSはWindows 8 64ビット版を導入している。予想実売価格は4万5000円前後だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.