ニュース
» 2013年12月11日 14時38分 UPDATE

2560×1440ドット表示対応:エイサー、タッチ対応13.3型IGZO液晶を採用したUltrabook「S7-392-F78U」

日本エイサーは、WQHDの高解像度表示に対応したCore i7搭載の13.3型Ultrabook「Aspire S7-392-F78U」を発売する。

[ITmedia]

 日本エイサーは12月11日、高解像度表示に対応したCore i7搭載の13.3型Ultrabook「S7-392-F78U」を発表、12月13日に発売する。予想実売価格は20万円前後だ。

photophoto Aspire S7-392-F78U

 S7-392-F78Uは、2560×1440ドット表示に対応した13.3型IGZO液晶ディスプレイを内蔵したUltrabookで、10点マルチタッチ操作に対応。CPUはCore i7-4500U(1.8GHz)を搭載、OSはWindows 8.1 64ビット版を導入した。

 メモリはDDR3L 8Gバイト、ストレージは256GバイトSSD(RAID-0)を内蔵(光学ドライブは非搭載)。ほかHD対応Webカメラ、IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bleutooth 4.0+HSなども装備した。映像出力はHDMI×1(アナログD-Sub出力アダプタも付属)を利用可能だ。キーボードはバックライト機能も搭載した。本体サイズは323(幅)×223(奥行き)×12.9(高さ)ミリ、重量は約1.3キロ。

関連キーワード

Acer | Ultrabook | Core i7 | Aspire | IGZO | 解像度 | マルチタッチ | RAID | SSD | Windows 8.1


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.