ニュース
» 2013年12月18日 14時58分 UPDATE

アイ・オー、狭額縁のスリムデザインを実現した23型フルHD液晶「LCD-MF235XDBR」

アイ・オー・データ機器は、狭額縁デザイン筐体を採用した23型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF235XDBR」を発売する。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は12月18日、狭額縁デザイン筐体を採用した23型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF235XDBR」を発表、2014年1月上旬に出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2万9800円だ(税込み)。

photophoto LCD-MF235XDBR

 LCD-MF235XDBRは、1920×1080ドット表示に対応した23型ワイド液晶ディスプレイ。パネル前面に段差のないフラットなデザインを採用したほか、ベゼル幅は上側が8.5ミリ、左右が9.8ミリのスリム設計となっているのが特徴だ。またブルーライトを低減できる「ブルーリダクション」機能も搭載、低減率を5段階に調節できる。

 表示スペックは、応答速度14ms(オーバードライブ ON時で4.6ms)、輝度250カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1。映像入力はDVI、HDMI×2、アナログD-subを備えた。出力1ワット×2のステレオスピーカーを内蔵、本体サイズは529(幅)×194(奥行き)×374(高さ)ミリ、重量は3.7キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう