ニュース
» 2014年01月17日 11時17分 UPDATE

ZOTAC、コンパクトPC「ZBOX」にCore i7搭載の上位モデルを追加

アスクは、ZOTAC製となるCore i7搭載の小型ベアボーンPC「ZBOX IQ01」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは1月17日、ZOTAC製となるCore i7搭載の小型ベアボーンPC「ZBOX IQ01」の取り扱いを発表、1月下旬に販売を開始する。価格はベアボーンモデルのZBOX IQ01が9万円台前半、メモリ+HDD(DDR3 4Gバイト/500GバイトHDD)搭載モデルの「ZBOX IQ01 PLUS」が11万円前後の見込みだ。

photophoto ZBOX IQ01

 ZBOX IQ01は、本体サイズ188(幅)×188(奥行き)×51(高さ)ミリ(横置き時)の省スペース筐体を採用したベアボーンPC「ZBOX」シリーズの新モデルで、CPUとしてCore i7-4770T(2.5GHz)を装備したハイスペックモデルだ。

 メモリスロットはDDR3 SO-DIMMスロット×2(最大16Gバイト)、ストレージは2.5インチシャドー×1、mSATA×1を備えた。映像出力はDVI×1、DisplayPort×2を装備。ほかIEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、ギガビット対応有線LAN×2、USB 3.0×3(背面×2、前面×1)、4 in 1カードリーダーなどを備えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.