ニュース
» 2014年01月20日 15時01分 UPDATE

G-Tune、「セガNET麻雀 MJ」推奨のCore i7搭載ゲーミングノートPC

マウスコンピューターは、同社製ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE」シリーズのラインアップにオンライン麻雀ゲーム「セガNET麻雀 MJ」推奨モデルを追加した。

[ITmedia]
photo NEXTGEAR-NOTE i520BA1-MJ  (C) SEGA

 マウスコンピューターは1月20日、同社製ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE」シリーズのラインアップに「セガNET麻雀 MJ」推奨モデル「NEXTGEAR-NOTE i520BA1-MJ」を追加、本日より受注を開始する。BTOカスタマイズにも対応、標準構成価格は9万9750円だ(税込み)。

 NEXTGEAR-NOTE i520BA1-MJは、セガ運営のオンライン麻雀ゲーム「セガNET麻雀 MJ」動作推奨モデルとなるゲーミングノートPC。本体仕様は従来モデルの「NEXTGEAR-NOTE i520BA1」に準じ、ディスプレイは15.6型フルHD液晶を内蔵、CPUはCore i7-4700MQ、グラフィックスコアはGeForce GT 750M/2Gバイトを標準で搭載した。

 メモリはDDR3L 8Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 8.1 64ビット版を導入している。

top_features1_icon_2_1379074020.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
5GHzの衝撃!! AMDファン待望のモンスター級ゲーミングPC「MASTERPIECE a1500BA1」が登場! こだわり派のあなたへ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.