ニュース
» 2014年01月24日 16時46分 UPDATE

19個もボタンあるなら:さらなる高みを目指してみる――「19ボタン搭載 ゲーミングレーザーマウス」

上海問屋が、解像度や重量を変更できるゲーミングマウス2種を発売した。価格は1499円から。

[村上万純,ITmedia]
photo 「19ボタン搭載 ゲーミングレーザーマウス」

 ドスパラは1月23日、同社直販ショップ"上海問屋"で「19ボタン搭載 ゲーミングレーザーマウス」(DN-10735)を発売した。価格は4999円(税込み、送料別)。

 本製品は、重量と解像度が変更できる19ボタン型のUSB有線マウスだ。18のボタンへ任意の動作やキーを割り当てられ、マクロの登録も可能。5通りの設定を保存しておける。

 また、付属する計8個の重り(1つ2.4グラム)により、重量のカスタマイズも可能。センサーは不可視レーザー式で、解像度は1000〜1万6400dpi。本体サイズは75(幅)×118(奥行き)×39(高さ)ミリ、重量は約150グラム(重り8個装着時)。


photo 「オプティカルゲーミングマウス」

 また、「1000万回のクリックに耐える」という耐久性ボタンを搭載する「オプティカルゲーミングマウス」(DN-10736)も用意する。価格は1499円。センサーは光学式で、解像度はdpi変更ボタンにより1000/1600/2000dpiの3段階で切り替えが可能だ。本体サイズは71(幅)×122(奥行き)×40(高さ)ミリ、重量は約130グラム(重り8個装着時)。

関連キーワード

ゲーミングマウス | 上海問屋


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう