ニュース
» 2014年01月28日 12時32分 UPDATE

Corsair、“赤軸”を採用したテンキーレスのゲーミングキーボード

リンクスインターナショナルは、Corsair製となる省スペース型ゲーミングキーボード「K65 Compact JP」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは1月28日、Corsair製となる省スペース型ゲーミングキーボード「K65 Compact JP」(型番:CH-9000040-JP)の取り扱いを発表、2月8日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は1万1980円前後。

photophotophoto K65 Compact JP

 CH-9000040-JPは、USB接続に対応したゲーミングキーボードで、キースイッチとして「Cherry MX Red」を採用。全キーの同時押し入力(Nキーロールオーバー)、および連続入力時に正しくキー入力を読み取るアンチゴースト機能なども備えた。

 キーレイアウトはテンキーレスの日本語91キー配列を採用、“Windows”キーを一時的に無効化できるロックキー、ボリューム操作などを行なえるマルチメディアキーも搭載している。本体サイズは356(幅)×166(奥行き)×27(高さ)ミリ、重量は約870グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう