ニュース
» 2014年01月28日 12時52分 UPDATE

日本マイクロソフト、中小企業/公共機関向けのOS移行促進キャンペーンを開始――ライセンスを最大25%割引

日本マイクロソフトは、中堅中小企業や公共機関、医療機関などを対象にライセンス価格を最大25%割引で提供する移行促進キャンペーンを発表した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは1月28日、中堅中小企業や公共機関、医療機関などを対象にライセンス価格を割引で提供するキャンペーン「ビジネスに最適な、良いとこ取りOS  Windows 8.1移行促進キャンペーン」「Office 365 への移行促進 キャンペーン」を発表した。

 両キャンペーンはともに、PC台数が250台未満の中堅中小企業、公共機関、医療機関を対象とした割引キャンペーンで、Windows 8.1 Proへのアップグレードライセンス価格を20%の割引価格で、Office 365のライセンスを単年購入時で20%/複数年一括購入時で25%の割引価格で提供する。実施期間はともに2014年2月1日から4月30日まで。

 キャンペーンの詳細については各特設ページ(こちら、およびこちら。ともに2月3日オープン)を参照のこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう