ニュース
» 2014年02月19日 13時31分 UPDATE

エイサー、5万円台のCeleron搭載スタンダードノート

日本エイサーは、15.6型ワイド液晶を内蔵したスタンダードノートPC「Aspire E1-532」シリーズなど2製品を発表した。

[ITmedia]

 日本エイサーは2月19日、15.6型ワイド液晶を内蔵したスタンダードノートPC「Aspire E1-532」シリーズを発表、2月21日に販売を開始する。カラーバリエーションはブラックとレッドの2色を用意。予想実売価格はともに5万6000円前後だ(税込み)。

photophoto Aspire E1-532シリーズ

 E1-532シリーズは、1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵するノートPCで、CPUとしてCeleron 2957U(1.4GHz)を採用したエントリーモデルで、OSはWindows 8.1を導入している。

 メモリは4Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、ギガビット対応有線LAN、HDMI/アナログD-Sub映像出力なども備えている。バッテリー駆動時間は約4.4時間。本体サイズは約386.1(幅)×256(奥行き)×12.07〜25.3(高さ)ミリ、重量は約2.35キロ。


photo AXC605-H54D

 また日本エイサーは、スリム筐体採用デスクトップPC「AXC605」シリーズの新モデル(型番:AXC605-H54D)を2月21日に発売する。予想実売価格は7万3000円前後(税込み)。

 従来モデル(型番:AXC605-F54D)のリニューアルモデルで、OSを最新のWindows 8.1に変更したのが特徴だ。

 本体仕様はほぼ従来モデルを踏襲しており、CPUはCore i5-4440(3.1GHz)を搭載。メモリは4Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。ギガビット対応有線LANのほか、IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0も標準で備えている。

関連キーワード

Acer | ノートPC | Celeron | Windows 8.1 | Core i5 | デスクトップ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.