ニュース
» 2014年02月19日 15時05分 UPDATE

Lian Li、内部レイアウトを効率化した“やや低め”なミドルタワーケース「PC-A51」

ディラックは、台湾Lian Li製となるアルミ製ミドルタワー型ケース「PC-A51」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 ディラックは2月19日、台湾Lian Li製となるアルミ製ミドルタワー型ケース「PC-A51」シリーズの取り扱いを発表、2月21日に販売を開始する。カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色を用意した。価格はオープン、予想実売価格は2万2000円前後だ。

photophotophoto PC-A51シリーズ

 PC-A51シリーズは、ATX/microATXマザーボードの搭載に対応するPCケースで、電源ユニットを前側底面に配置した独自レイアウトを採用し、高さを393ミリとコンパクト化しているのが特徴だ。本体幅は230ミリと同社従来モデルよりやや広めで、裏配線スペースなどにゆとりのある設計となっている。

 ドライブベイは5インチ×1、2.5/3.5インチシャドー×5を装備。シャドーベイ部のホルダーは1段ごと個別に着脱が可能で、ホルダーを取り外すことで最長400ミリまでのカードを装着できる。

 冷却ファンは標準で2基(前面14センチ角、背面12センチ角)のほか、天板/底面にも任意に増設できる。また簡易水冷キットの装着にも対応した。前面インタフェースはUSB 3.0×4、オーディオ入出力を利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.