PC USER Pro
ニュース
» 2014年02月24日 17時08分 公開

アスク、プロ編集向けの4K対応入出力デバイス「Io 4K」の取り扱いを開始

アスクは、AJA Video Systems製となる4K対応入出力デバイス「Io 4K」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクは2月24日、AJA Video Systems製となる4K対応入出力デバイス「Io 4K」の取り扱いを発表、出荷を開始した。価格は23万8000円。

photophoto I0 4k

 Io 4Kは、4KおよびUHD(UltraHD)デバイスの入出力をサポートしたプロ仕様のデバイスで、インタフェースとしてThunderbolt 2×2基を搭載。またBNCコネクタやHDMI 1.4入出力も備えるほか、HD-SDI ダウンコンバート専用のBNC出力も備えている。

 RS-422でのVTR制御などにも対応。「Apple Final Cut Pro X」「Adobe Creative Cloud」「AJA Control Room」「Telestream Wirecast 5」などの主力ツールとシームレスな統合が可能だ。

関連キーワード

アスク | インタフェース | Thunderbolt 2


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう