ニュース
» 2014年03月03日 10時41分 UPDATE

オープンキューブ、家庭用の国産3Dプリンタ「SCOOVO」に高精細プリント対応の上位モデル

オープンキューブは、同社製3Dプリンタ「SCOOVO」シリーズの新モデル「SCOOVO X9」を発表。精密度を高めたほか、各部に国産パーツを採用し耐久性も高めた。

[ITmedia]

 オープンキューブは3月3日、同社製3Dプリンタ「SCOOVO」シリーズの新モデル「SCOOVO X9」を発表、3月14日に販売を開始する(本日より先行予約開始)。価格は22万500円だ(税込み)。

photophoto SCOOVO X9

 SCOOVO X9は、USB 2.0接続に対応した3Dプリンタで、最小積層ピッチは0.05ミリとなる高精度な造形を可能としたモデルだ。また内蔵するステッピングモーターや各部の主要部品に国産パーツを採用し、静音性や耐久性を向上させているのも特徴だ。

 入力ファイルは「.stl」形式ファイルに対応。作成可能なサイズも向上しており、最大造形サイズは200(幅)×170(奥行き)×230(高さ)ミリとなった。本体サイズは406(幅)×343(奥行き)×441(高さ)ミリ、重量は約16.5キロ。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.