ニュース
» 2014年03月05日 12時50分 UPDATE

高速レスポンスなゲーマー特化モデル、メカニカルキーボード「Tt eSPORTS Poseidon Z」とゲーミングマウス「SAPHIRA mouse」

ThermaltakeのゲーマーブランドTt eSPORTSより、ブルーに光るキーバックライト搭載メカニカルゲーミングキーボードとプロゲーマープロデュースマウスが登場。高速レスポンスと正確な操作性を追求した。

[ITmedia]

 Thermaltake国内代理店のアスクは3月5日、Tt eSPORTSブランドのゲーミングキーボード「Poseidon Z Illuminated(KB-PIZ-KLBLUS-01)」とゲーミングマウス「SAPHIRA mouseシリーズ」を発表、2014年3月上旬に発売する。価格はオープン、発売時想定実売価格はPoseidon Z Illuminatedが1万円前後、SAPHIRAシリーズが6000円前後。

photophoto ゲーミングキーボード「Poseidon Z Illuminated(KB-PIZ-KLBLUS-01)」とゲーミングマウス「SAPHIRA mouseシリーズ」

 Poseidon Z Illuminatedは、高速レスポンスと正確な入力を求めるゲーマーを想定したメカニカルスイッチ仕様のUSB有線ゲーミングキーボード。複数のキーを同時に操作するシーンに適するアンチゴースト機能と高速に正確な入力を行うための最大1000Hzの高速レポートレートを実現する軽めタッチのTt eSPORTS認定メカニカルキースイッチを備え、キー入力を正確に高速に行いたいゲーミングシーンでの利便性を高めた。

 接続インタフェースはUSB 2.0、キーは104 US配列のみ。Windowsキーを無効にするゲームモード機能キー、暗所でブルーに光るキーバックライト(明るさ4段階調整+オフ)のほか、未使用時に立ててスペースを確保できる縦置き用ゴム足も実装する。本体サイズは約440(幅)×133(奥行き)×37(高さ)ミリ、重量は約995グラム。

 SAPHIRAシリーズは、Tt eSPORTSがサポートするプロゲーマー Aleksey "White-Ra" Krupnyk氏がプロデュースしたゲーマー向けUSBマウスのシグネチャーモデル。100〜3500dpiの解像度調整機能、125/400/1000Hzのポーリングレート変更機能、5つのボタンに最大25通りのマクロを登録できる機能、おもりで本体重量を調整する機構など、RTS、FPSの快適プレイを想定した仕様に仕立てた。ラバーコートしたブラックのほか、光沢ホワイト、光沢レッド、光沢イエローのカラーバリエーションも用意する。

 接続インタフェースはUSB 2.0、センサーは光学式。本体サイズは63(幅)×115(奥行き)×38(高さ)ミリ、ケーブル長は約1.8メートル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.