ニュース
» 2014年03月07日 11時42分 UPDATE

ハンファ、フルHDで暗所撮影もできる1080p対応の赤外線Webカメラ「DC-NCR300U」

ハンファ・ジャパンは、314万画素センサーを搭載した赤外線撮影対応のWebカメラ「DC-NCR300U」を発売する。

[ITmedia]

 ハンファ・ジャパンは3月7日、赤外線撮影対応のWebカメラ「DC-NCR300U」を発表、3月14日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は4276円。

photophotophoto DC-NCR300U

 DC-NCR300Uは、314万画素CMOSセンサーを採用するUSB外付け型のWebカメラで、最大1080p/15fpsでの撮影に対応した。また広角撮影に対応した4層ガラスを採用しており、視野角78度の撮影を行なえる。LEDは赤外線LED×6と白色LED×1を装備、昼間/夜間の撮影が可能だ(暗所撮影時はモノクロとなる)。

 スタンドは自由に角度調節できるボールジョイント式を採用した。マイク機能も装備、本体サイズは70(幅)×52(奥行き)×65(高さ)ミリ、重量は約85グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.