ニュース
» 2014年03月24日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、Xeon E5×2基搭載の4K映像編集向けデスクトップWS

マウスコンピューターは、Xeon E5を2基装備可能な高性能デスクトップWS「MousePro W」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo MousePro Wシリーズ

 マウスコンピューターは3月24日、Xeon E5搭載の高性能デスクトップWS「MousePro W」シリーズを発表、本日より販売を開始する。価格は下位構成の「MousePro-W720SF9S」が89万8000円、上位構成の「MousePro-W720DF9X」が109万8000円だ。

 MousePro Wシリーズは、デュアルCPU構成に対応するデスクトップ型ワークステーションで、下位構成のMousePro-W720SF9SはXeon E5-2620v2×1基を、上位構成のMousePro-W720DF9XはXeon E5-2620v2×2基を搭載した。またグラフィックスカードはAMD FirePro W9000/6Gバイトを装備している。OSはWindows 7 Professional 64ビット版だ。

 メモリはそれぞれ32Gバイト/64Gバイトを内蔵。ストレージ構成は下位のW720SF9Sが256GバイトSSD+2TバイトHDDを、上位のW720DF9Xが256GバイトSSD+512GバイトSSD+3TバイトHDD×2(RAID-0)を搭載した。

top_features1_icon_2_1392038917.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
祝「G-Tune」10周年! 最新PCゲームが快適に楽しめる“超お得”な「PC USERコラボモデル」を作ってもらうぞ!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.