ニュース
» 2014年03月31日 14時22分 UPDATE

富士通研究所、利用シーンに応じ「声のトーン」が変更できる音声合成技術を開発

富士通研究所は、音声のトーン調節に対応した音声合成技術を発表。表現力の豊かな合成音声を作成できる。

[ITmedia]
photo 開発された音声合成技術の概要

 富士通研究所は3月31日、音声のトーン調節に対応した音声合成技術を開発したと発表した。実用化は2014年度中を目指すとしている。

 今回開発された音声合成技術は、従来の話速や声の高低などの調整に加えて、利用シーンや環境に応じたトーンでの合成を実現しており、声質やイントネーション、“間の取り方”などをパラメータ化して合成する方式を採用した。これにより、緊急度に応じて警告感を変化させたり、騒音レベルの高い場所では通りやすい声に変えたりすることができる。

 また音声の特徴を効率的に抽出することが可能となったことにより、元となる音声の収録が少量で済むのも特徴。製作期間は同社比で約30分の1となる、としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう