ニュース
» 2014年04月23日 16時04分 UPDATE

ジャパンディスプレイ、タブレット用10.1型4K液晶モジュールのサンプル出荷を開始

ジャパンディスプレイは、解像度438ppiを実現する10.1型4K液晶ディスプレイモジュールのサンプル出荷を開始した。

[ITmedia]
photo

 ジャパンディスプレイは4月23日、解像度438ppiを実現する10.1型4K液晶ディスプレイモジュールのサンプル出荷を開始した。

 今回サンプル出荷が開始されたのは、IPSパネル採用の10.1型(10.07型)液晶モジュールで、3840×2160ピクセル表示に対応したモデルで、精細度438ppiを実現。低温ポリシリコン技術の採用により、低消費電力と薄型/狭額縁設計となっているのも特徴だ。表面輝度は400カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1100:1で、色再現域はNTSC比71%だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう