ニュース
» 2014年07月03日 12時26分 UPDATE

コダック アラリス、ワークグループ導入に向くA4ドキュメントスキャナ「SCANMATE i1150」など2製品

コダック アラリス ジャパンは、A4ドキュメントスキャナ「SCANMATE i1150」「同 i1180」の2製品を発表した。

[ITmedia]

 コダック アラリス ジャパンは7月3日、A4ドキュメントスキャナ「KODAK SCANMATE i1150 スキャナー」「KODAK SCANMATE i1180 スキャナー」(以下、SCANMATE i1150/同 i1180)の2製品を発表した。価格はSCANMATE i1150が4万9000円、SCANMATE i1180が9万5000円だ。

photophoto SCANMATE i1150(左)、SCANMATE i1180(右)

 2製品はともにUSB 3.0接続に対応したA4ドキュメントスキャナで、名刺やIDカード、エンボス厚紙などのスキャンにも対応。スキャン速度はSCANMATE i1150が25枚/分、同 i1180が40枚/分だ。またi1150は、枚数が少ない場合に処理速度を60%高速化する“トランザクションモード”を備えている。

 上位モデルのSCANMATE i1180は、スキャナ側にイメージ処理機能を搭載したことでPC側の負担を軽減したほか、ソフトウェア開発キット(SDK)を用いることでアプリケーションの作成と利用が可能となっている。

 また2製品ともに、ビジネスワークフローへの容易な組み込みを実現する同社製ソフト「KODAK Info Activate ソリューション」に対応しているのも特徴だ(価格は個別対応)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.