ニュース
» 2014年07月03日 17時40分 UPDATE

AMD、TDPが切り替え可能な「A10-7800」発表

日本市場で世界で最も早く出荷するという。

[ITmedia]

Kaveri世代の“省電力”モデル

kn_a107k8_01.jpg A10-7800を含むAPU Aシリーズのパッケージ

 AMDは、7月3日に“Kaveri”世代APUのAシリーズで新モデルとなる「A10-7800」を発表した。日本では7月3日から出荷を開始する。税別の実売価格は1万7980円だ。

 クアッドコアのCPUとGCNアーキテクチャを導入した「Radeon R7」シリーズGPUを統合したAPUで、実装するStream Processorは512基。グラフィックス出力では、4Kクラスの解像度と1080pクラスの動画再生に対応する。

 動作クロックはCPUコアでベース3.5GHz、最大で3.9GHz。グラフィックスコアの動作クロックは720MHzとなる。2次キャッシュメモリの容量はAPU全体で4Mバイト。統合するメモリコントローラは動作クロック2133MHzに対応する。また、従来の“Kaveri”世代のAPU Aシリーズと同様に、グラフィックスAPI「Mantle」、AMD Radeonメモリー、AMD TrueAudioテクノロジーにも対応する。

 TDPは65ワット、または、45ワットに対応する。BIOSで設定できる「Configurable TDP」によって、65ワット、または、45ワットを切り替えることが可能だ。

関連キーワード

AMD | APU | Kaveri | CPU | GPU


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう