ニュース
» 2014年07月04日 15時46分 UPDATE

EIZO、プラットホーム監視用の高輝度15型液晶「DuraVision FDX1513」

EIZOは、鉄道ホーム監視向けの15型液晶ディスプレイ「DuraVision FDX1513」を発表した。

[ITmedia]
photo DuraVision FDX1513

 EIZOは7月4日、鉄道ホーム監視向けの15型液晶ディスプレイ「DuraVision FDX1513」を発表、7月18日に販売を開始する。価格はオープン。

 2012年発売の同社製従来モデル「DuraVision FDX1503」と同様に、西日の強い環境などでも視認性を確保できる1200カンデラ/平方メートルの高輝度表示が可能で、鉄道ホームの監視システムへの導入が容易な15型のフリーマウントデザインを採用している。今回のモデルは旧機種から薄型/軽量化を実現しているのが特徴だ。

 表示解像度は1024×768ピクセルに対応。映像入力はアナログD-SubのほかBNCコンポジット入力を備えた。本体サイズは361(幅)×52.5(奥行き)×283.5(高さ)ミリ、重量は約4.5キロだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.