ニュース
» 2014年07月08日 16時22分 UPDATE

東芝、15.6型4K液晶を内蔵したモバイルWS「dynabook Satellite WS754」

東芝は、4K表示対応の15.6型ワイド液晶を標準搭載したモバイルWS「dynabook Satellite WS754」を発表。ほか企業向けノートPCのラインアップ拡充も行なわれた。

[ITmedia]

 東芝は7月8日、企業向けとなる高解像度表示対応のモバイルワークステーション「dynabook Satellite WS754」を発表、7月下旬より順次販売を開始する。標準構成価格はフルHD液晶モデルが39万8000円、4K液晶モデルが47万8000円(税別)。

photophoto dynabook Satellite WS754

 dynabook Satellite WS754は、モバイルWSとしては世界初となる3840×2160ピクセル(4K)表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイの搭載に対応したモデルで、CPUはCore i7-4810MQ、グラフィックス機能はQuadro K2100Mを標準で搭載。OSはWindows 8.1 Pro Updateを導入した。

 メモリは16Gバイト、ストレージは500GバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。映像出力としてHDMIを搭載、専用ICの搭載により外部へのHDMI 4K出力も可能だ(カスタムメイドによりDisplayPortへの変更も行なえる)。


 また東芝は、企業向けノートPCのラインアップを改定、13.3型モデル「dynabook R634」「dynabook R734」、14型モデル「dynabook R644」、15.6型モデル「dynabook R654」「dynabook Satellite B654」「dynabook Satellite B554」「dynabook Satellite B453」「dynabook Satellite R35」、17.3型モデル「dynabook Satellite B37」の計9製品を7月末より順次発売する。各製品の価格は以下の通りだ。

製品名 価格
dynabook R634 24万5000円から
dynabook R644 23万5000円から
dynabook R654 24万円から
dynabook R734 21万2000円から
dynabook Satellite B654 24万5000円から
dynabook Satellite B554 18万9000円から
dynabook Satellite B453 16万5000円から
dynabook Satellite R35 オープン
dynabook Satellite B37 23万1000円から
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto dynabook R634(左上)、dynabook R734(上)、dynabook R644(右上)、dynabook R654(左)、dynabook Satellite B654(中)、dynabook Satellite B554(右)、dynabook Satellite B453(左下)、dynabook Satellite R35(下)、dynabook Satellite B37(右下)


東芝ダイレクト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.