ニュース
» 2014年07月18日 13時22分 UPDATE

ASRock、5000円を切るMicroATXモデルなど“コスパ重視”のLGA1150対応マザー3製品

マスタードシードは、台湾ASRock製となるMicroATX/Mini-ITXマザーボード計3製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 マスタードシードは7月18日、台湾ASRock製となるMicroATX/Mini-ITXマザーボード計3製品「H81M-HG4」「H97M Anniversary」「Z97M-ITX/ac」の取り扱いを発表、8月2日に販売を開始する。

 H81M-HG4は、Intel H81チップセットを採用したベーシック仕様のMicroATXマザーボード。メモリはDDR3スロット2本(最大16Gバイト)、拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1、同 x1×1を利用可能だ。映像出力はHDMI/アナログD-Subを搭載。予想実売価格は4979円(税込み、以下同様)となっている。

photophotophoto H81M-HG4(左)、H97M Anniversary(中)、Z97M-ITX/ac(右)

 H97M Anniversaryは、20周年記念PentiumのPentium G3258への最適化をうたったIntel H97チップセット採用のMicroATXマザーボード。メモリはDDR3スロット4本(最大32Gバイト)、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16×1、同 x1×2を備えている。映像出力はDVI、HDMI、アナログD-Subの3系統を搭載した。予想実売価格は8964円だ。

 Z97M-ITX/acは、Intel Z97チップセットを採用するMini-ITXマザーボードで、IEEE802.11ac/Bletooth 4.0対応の無線モジュールをオンボード搭載した。メモリはDDR3スロット2本(最大16Gバイト)、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16×1(およびmini PCIe ハーフサイズ×1:無線モジュールが占有)装備、映像出力はDVI、HDMI、アナログD-Subの3系統を利用できる。予想実売価格は1万5984円だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.