ニュース
» 2014年07月22日 11時24分 UPDATE

プラッタ構成は1.2Tバイト×5枚:ウエスタンデジタル、NAS用HDD「WD Red」に容量6Tバイトモデルを追加

ウエスタンデジタルジャパンは、NAS用モデルとなる3.5インチSATA HDD「WD Red」に容量5Tバイト/6Tバイトの大容量モデルを追加した。

[ITmedia]
photo WD Redシリーズ

 ウエスタンデジタルジャパンはこのほど、NAS用モデルとなる3.5インチSATA HDD「WD Red」に容量5Tバイト/6Tバイトの大容量モデルを追加、7月24日より順次販売を開始する。プラッタ構成は1.2Tバイト×5枚。従来モデル同様に、HDDの故障率を低減する「3D Active Balance Plus」機能も搭載している。

 価格はオープン、予想実売価格は5Tバイトモデルの「WD50EFRX」が2万5000円前後、6Tバイトモデルの「WD60EFRX」が2万9000円前後だ。また、省電力モデル「WD Green」にも5Tバイト/6Tバイトモデル(型番:WD50EZRX/WD60EZRX)を追加、近々販売を開始するとしている(予想実売価格はそれぞれ2万2000円前後/2万7000円前後)。


 このほか、中規模〜大規模ビジネス向けNAS用HDDとなる新ラインアップ「WD Red Pro」シリーズも発表。最新のNAS向けファームウェアとなる「WD NASware 3.0」を搭載し、8〜16ベイ構成のNAS向けに設計されているのが特徴だ。ラインアップは2Tバイト/3Tバイト/4Tバイト(型番:WD2001FFSX/WD3001FFSX/WD4001FFSX)の3モデルを用意。予想実売価格はそれぞれ1万7000円前後/1万9000円前後/2万5000円前後となっている。

関連キーワード

NAS | HDD | Western Digital | Serial ATA | ビジネス | 省電力


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.