ニュース
» 2014年07月25日 19時45分 UPDATE

Synology、フルHD動画のハードウェア変換が可能な4ベイNAS「DiskStation DS415play」

アスクはSynology製の4ベイNAS「DiskStation DS415play」を8月中旬に発売する。フルHD動画をハードウェアで変換し、デバイスが対応する形式で再生可能だ。

[ITmedia]
tm_1407_d415play_01.jpg 「DiskStation DS415play」

 アスクは7月25日、台湾Synology製のホームユース向け4ベイNAS「DiskStation DS415play」を8月中旬に発売すると発表した。価格はオープン、実売価格は7万円台の見込み。

 2.5/3.5インチのSerial ATA HDDを4台取り付けられるNAS。DLNAサーバ機能に加えて、1080pのフルHD動画に対応したハードウェアトランスコーダーを搭載し、再生するデバイスが対応するファイル形式に動画を変換してストリーミング配信できる。動画のコーデックは、MPEG-4 AVC/H.264、MPEG-4 Part 2、MPEG-2、VC-1に対応する。

 Webブラウザベースの管理ツール「Disk Station Manager(DSM)」により、ストレージの管理、バックアップ、ファイル共有が可能。iOS/Android用アプリも用意しており、音楽、写真、動画、データの共有、システム状態やセキュリティ監視が行えるほか、ルータの設定なしで外部から写真、音楽、データにアクセスできるクイックコネクト機能を利用できる。

 CPUはデュアルコアのAtom(1.6GHz)、メモリは1GバイトDDR3 SDRAMを採用。ストレージ構成はRAID 0/1/5/6/10、JBOD、Basic、Synology Hybrid RAIDに対応し、データ転送速度はリードが112.45Mバイト/秒、ライトが101.21Mバイト/秒だ。インタフェースは1000BASE-Tの有線LAN、外部ストレージ接続用のUSB 3.0×3、USB 2.0×3を備えている。最大アカウント数は2048、最大同時接続数は256、対応IPカメラ数は15台まで。

 本体サイズは203(幅)×233.2(奥行き)×165(高さ)ミリ、重量は約2.03キロ。

tm_1407_d415play_02.jpgtm_1407_d415play_03.jpg 前面(写真=左)と背面(写真=右)

関連キーワード

NAS | DLNA | ホームサーバ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.