ニュース
» 2014年08月11日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、ミドルタワーPC「MDV ADVANCE」にRadeon R7/R9搭載モデルを追加

マウスコンピューターは、同社製ミドルタワー型デスクトップPC「MDV ADVANCE」シリーズの新モデル3製品を発表。グラフィックスカードとしてRadeon R7/R9搭載したモデルだ。

[ITmedia]
photo MDV ADVANCEシリーズ

 マウスコンピューターは8月11日、同社製ミドルタワー型デスクトップPC「MDV ADVANCE」シリーズの新モデル「MDV-RZ7500B」「MDV-RZ7500S」「MDV-RZ7500X」の3製品を発表、本日より販売を開始する。

 いずれもミドルタワー型筐体を採用したデスクトップPCで、CPUはMDV-RZ7500B/同SがCore i7-4790を、MDV-RZ7500XがCore i7-4790Kを採用。グラフィックスカードはそれぞれRadeon R7 250X/Radeon R9 260/Radeon R9 280を標準で装備している。

 メモリはいずれも16Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵、OSはWindows 8.1 64ビット版を備えた。BTOカスタマイズにも対応、標準構成価格はMDV-RZ7500Bが10万4800円、MDV-RZ7500Sが11万9800円、MDV-RZ7500Xが12万9800円だ(税別)。

top_features1_icon_2_1406890561.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
安い!速い!でかい!コスパ重視なのに性能はゲーミング級。「G-Tune」を脅かす下克上モデル「m-Book W」シリーズに注目ッ!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう