ニュース
» 2014年08月11日 13時28分 UPDATE

ビジネス市場でのタブレット導入率は14.8%――IDC、産業分野別のタブレット利用実態を調査

IDC Japanは、ビジネス市場におけるタブレット機器の利用実態調査を実施、分析結果を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは8月11日、ビジネス市場におけるタブレット機器の利用実態調査を実施、分析結果の発表を行った。

 この調査によると、ビジネス市場全体でのタブレット導入率は14.8%で、もっとも導入が進んでいる分野は流通/小売/卸売およびサービス業、逆に導入が遅れている業種は製造業であることが判明した。導入が進んでいる分野は中堅/中小企業が多く、意思決定が早いため比較的早期の段階で導入が進められることが多い傾向にあるとしている。

 また、今回の調査による推計では、タブレット機器の導入を検討している企業は約276万社(国内企業の70.9%)にのぼると推測している。

 なお今回の発表は、同社発表のリポート「2014年 国内モバイル/クライアントコンピューティング市場 プラットフォーム/サービス/アプリケーションに関する調査」(J14170104)に詳細が報告されている。

関連キーワード

IDC | タブレット | 法人ビジネス | 実態調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう