ニュース
» 2014年08月14日 12時47分 UPDATE

待望のハイエンドモデルが日本でも:ASUS、「MAXIMUS VII FORMULA」日本出荷開始

実売予想価格は4万円代半ばとなる見込みだ。

[ITmedia]

 ASUSTek Computerは、8月14日からR.O.G.マザーボード「MAXIMUS VII FORMULA」を日本市場でも出荷した。価格はオープンで、実売予想価格は税込みで4万6500円前後とみられる。

kn_muxviihurml_01.jpg 「MAXIMUS VII FORMULA」

kn_muxviihurml_02.jpg バックパネルに用意したインタフェース

 MAXIMUS VII FORMULAは、Intel Z97 Expressチップセットを搭載したATXフォームファクタ準拠のモデルだ。LGA1150を実装して、第4世代Coreプロセッサー・ファミリーのCPUに対応する。

 4基のメモリスロットを用意し独自のオーバークロックでDDR3-3300まで設定可能だ。最大容量は32Gバイト。拡張スロットは、PCI Express x16対応を3基(内2基はPCI Express 3.0に対応)、PCI Express x1対応を3基、PCI対応を1基をそれぞれ備える。

 また、ストレージなどの周辺機器接続用のインタフェースとしては、Serial ATA 6Gbpsが10基のほか、SATA Expressを2基、M.2を1基用意する。さらに、映像出力インタフェースには、DisplayPortとHDMIを搭載する。

 R.O.G.シリーズのマザーボードが対象とするオーバークロッカーやPCゲームユーザーが望むチューニング機能や安定動作を実現するべく、グラフィックスカードが発する熱からマザーボードを保護する「ROG Armor」やUSBデバイスに安定した電力供給を行う「TrueVolt USB」、マザーボードの電力供給を安定させる「Extreme Engine Digi+ III」、水冷と空冷に対応した電源回路ヒートシンク「CrossChill Copper」を導入したほか、汎用キーボードにマクロ機能を割り当てる専用インタフェース「KeyBot」に対応する。

 PCゲームユーザーが重視するサウンド関連機能では、基板におけるデジタルエリアとアナログエリアを分離することでノイズを抑え、SN比120デシベルを実現する「SupremeFX Formula 2014」を搭載したほか、音の聞こえる方向を視覚化する「Sonic Rader II」機能に対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう