ニュース
» 2014年08月18日 17時43分 UPDATE

LG、21:9表示曲面パネル採用など、IFA 2014展示モデルの概要を公開

Thunderbolt 2採用など、デジタルシネマ向け、ゲーミングディスプレイなどをIFA 2014で公開する予定だ。

[ITmedia]

 LGエレクトロニクスは、9月5日からドイツで行う「IFA 2014」で展示するディスプレイに関する情報を明らかにした。IFA 2014では、曲面型IPSパネルを搭載する「34UC97」のほかにも、新モデルが多数登場する予定だ。

 今回、IFA 2014での展示が明らかになったのは、「34UC97」「31MU97」「24GM77」だ。34UC97は、34型でアスペクト比が21:9になる曲面型IPSパネルを採用する。表示解像度は3440×1440ピクセル。インタフェースにThunderbolt 2を備えるほか、サウンド機能ではMAXX AUDIOに対応する。

kn_lgifa_01.jpg 「34UC97」

 31MU97は、4K解像度に対応するIPSパネル搭載のデジタルシネマディスプレイとLGエレクトロニクスはアピールしている。Adobe RGBの99%表示が可能で、LGのTrue Color Proによるソフトウェアキャリブレーションに対応する。24GM77は、ゲーム利用を重視したモデルでリフレッシュレート144Hzをサポート。また、LGのDynamic Action Syncモードに対応する。

kn_lgifa_02.jpgkn_lgifa_03.jpg 「31MU97」(写真=左)と「24GM77」(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.