ニュース
» 2014年08月19日 21時00分 UPDATE

日本投入は未定:AMD、RadeonブランドのSSD「Radeon R7 Series SSD」を発表

コントローラはOCZのBarefoot 3を採用し、フラッシュメモリには東芝のA19ナノメートルプロセスルール導入MLCを実装する。

[ITmedia]

PCゲーマーをターゲットにしたRadeon R7 SSD

 AMDは、8月12日にRadeonブランドのSSDを発表した。製品名は「Radeon R7 Series SSD」で、ゲームユーザーをターゲットにした性能重視のラインアップになる。

 日本市場への投入は未定で、北米における実売予想価格は120Gバイトモデルで99.99ドル、240Gバイトモデルで163.99ドル、480Gバイトモデルで298.99ドルとなる見込みだ。

kn_amdssdnews_01.jpg CPUからAPU、GPUにくわえてメモリ、そしてSSDまでAMDの製品として提供する

 AMDでは、OCZ Technologyと連携して、OCZのコントローラ「Barefoot 3 M00」と東芝製の最新世代NAND「A19ナノメートルプロセスルールMLC」を採用したモデルを投入する。

 耐久性も産業用SSDで標準の4年間保障に対応する。AMDが示す資料では、転送速度はリード時で最大550Mバイト/秒、ライト時で最大530Mバイト/秒、ランダムリードは10万IOPS、ランダムライトは9万IOPSとなる。

 

kn_amdssdnews_02.jpg AMDのRadeon R7 SSDは、OCZのVertex 460とVector 150のちょうど中間を埋めるラインアップになるとAMDは説明する

kn_amdssdnews_03.jpg 競合するSSDとスペックを比較する。Radeon R7 SSDはハイエンドモデルに相当する性能を有する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.