ニュース
» 2014年08月19日 22時21分 UPDATE

Antec、サーマルマネージャー導入の電源ユニット「NeoECO 620C」「NeoECO 520C」

80PLUS BRONZE認証取得で静音タイプの120ミリ径ボールベアリングファンを内蔵する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは、Antecの電源ユニット「NeoECO 620C」「NeoECO 520C」の取り扱いを開始する。出荷開始は8月23日からで、実売予想価格は税込みでNeoECO 620Cが6870円、NeoECO 520Cが5930円の見込みだ。

kn_antecpwu_01.jpg NeoECO 620C

 どちらも80PLUS BRONZE認証を取得している。内蔵ファンは静音タイプの120ミリ径ボールベアリングファンで、ファンコントロール機能とサーマルマネージャーを導入する。

 保護回路には、過電流保護(OCP)、過電圧保護(OVP)、低電圧保護回路(UVP)、ショート保護回路(SCP)、過電力保護回路(OPP)を用意する。また、ErP Lot 6 2013サポートにより待機電力0.5ワット以下を実現した。

 NeoECO 620Cは、1系統12ボルト48アンペアの620ワットモデルだ。最大で2基のPCI Express電源、6基のペリフェラル電源、6基のSerial ATA電源を利用できる。本体サイズは230(幅)×110(奥行き)×210(高さ)ミリで、重さは約2.5キロ。

 NeoECO 520Cは、1系統12ボルト40アンペアの520ワットモデルだ。最大で2基のPCI Express電源、6基のペリフェラル電源、6基のSerial ATA電源を利用できるのはNeoECO 620と同じ。本体サイズは150(幅)×140(奥行き)×86(高さ)ミリで、重さは約1.9キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.