ニュース
» 2014年08月20日 18時15分 UPDATE

144Hz駆動、3D Vision 2も利用可能:日本エイサー、国内初の“G-SYNC”対応27型ゲーミング液晶「XB270HAbprz」

ゲーマーの注目を集めるNVIDIA G-SYNCに対応した液晶ディスプレイが、日本エイサーから登場。国内初の対応製品となる27型モデルを8月22日に発売する。

[ITmedia]

 日本エイサーは8月20日、NVIDIAのGPU/ディスプレイ同期技術「G-SYNC」に対応する27型ワイド液晶ディスプレイ「XB270HAbprz」を発表した。8月22日に発売する。価格はオープン、実売価格は6万2000円前後(税別)の見込み。

tm_1408_XB270HAbprz_01.jpg NVIDIA G-SYNCをサポートした日本エイサーの27型ワイド液晶ディスプレイ「XB270HAbprz」

 国内市場で販売される初のG-SYNC対応ディスプレイ。G-SYNCとは液晶ディスプレイに専用モジュールを内蔵し、PC側のNVIDIA GPUが描画するレンダリングレートと液晶ディスプレイ表示のリフレッシュレートを同期させることで、ゲーム映像表示のティアリング(1画面に複数フレームが表示されることによる画像のズレ)を除去しつつ、入力遅延も最小限に抑える技術だ。

 G-SYNCの利用には、GeForce GTX 650Ti BOOST以上のGPUを搭載したグラフィックスカードが必要。さらにNVIDIAの3D立体視グラス「3D Vision 2キット」を購入すれば、「3D LightBoost」テクノロジーにより、明るい3D映像が楽しめる。

 基本スペックは、垂直リフレッシュレートが最大144GHz(3D立体視では120Hz)、液晶パネルがTN方式、解像度が1920×1080ピクセル(フルHD)、表示色数が約1670万色、輝度が300カンデラ/平方メートル、コントラスト比が1000:1、視野角が上下160度/左右170度、応答速度が1ms(GTG)、ディスプレイ表面が非光沢だ。

 映像入力はDisplay Port 1.2の1系統を搭載。USB 3.0ハブ機能(アップ×1、ダウン×4)も備えている。スタンドは上35度/下5度、左右で各60度のスイベル、150ミリ幅の昇降、90度時計回りの縦位置表示が可能だ。VESA規格のフリーマウント用ネジ穴(100×100ミリ)も設けている。

 本体サイズは640(幅)×247(奥行き)×408〜558(高さ)ミリ、重量は約7.9キロ。

tm_1408_XB270HAbprz_02.jpgtm_1408_XB270HAbprz_03.jpgtm_1408_XB270HAbprz_04.jpg 本体の左側面(写真=左)と右側面(写真=中央)。縦位置表示にも対応する(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう