ニュース
» 2014年08月21日 12時21分 UPDATE

Giada、25.5ミリ厚の薄型デザインを採用したCeleron搭載ベアボーン「i39B-BJ000」

ディラックは、Giadaブランド製となる薄型デザイン筐体採用のベアボーンキット「i39B-BJ000」を発表。CPUはCeleron J1900を搭載している。

[ITmedia]
photo i39B-BJ000

 ディラックは、Giadaブランド製となる薄型ベアボーンキット「i39B-BJ000」の取り扱いを発表、8月28日に販売を開始する。予想実売価格は1万9980円だ(税込み)。

 本体サイズ190(幅)×149(奥行き)×25.5(高さ)ミリのスリムデザイン筐体を採用したベアボーンキットで、TDP 10ワットの省電力4コアCPUとなるCeleron J1900(2GHz)を標準で搭載した。

 メモリはDDR3L 最大8Gバイトを搭載可能。拡張スロットはMini PCIe(mSATA×1、USB×1)を備えた。映像出力はHDMI/アナログD-Subを装備、ほかUSB 3.0×1、USB 2.0×4、4in1カードリーダー、COMポートなども利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.