ニュース
» 2014年08月27日 12時22分 UPDATE

Thermaltake、LEDバックライトも備えたテンキーレス仕様のゲーミングキーボード「Poseidon ZX」

アスクは、台湾Thermaltake製となるメカニカルゲーミングキーボード「Poseidon ZX 日本語キーボード」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは8月27日、台湾Thermaltake製となるメカニカルゲーミングキーボード「Poseidon ZX 日本語キーボード」(型番:KB-PZX-KLBLJP-01)の取り扱いを発表、8月28日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は9240円前後(税別)。

photophoto KB-PZX-KLBLJP-01

 KB-PZX-KLBLJP-01は、メカニカルキースイッチを採用したテンキーレス設計のUSBゲーミングキーボードで、レイアウトは日本語91キー配列を採用。ゲーム向け機能として全キーの同時押しを認識できる「Nキーロールオーバー」、複数キーの同時入力を確実に行える「アンチゴースト機能」も備えた。

 ブルーLED発光ギミックも搭載しており、4段階に明るさを調節できる。本体サイズは363(幅)×143(奥行き)×40(高さ)ミリ、重量は970グラムだ。


photo KB-VEL-MBBLJP-01

 またアスクは、Thermaltake製のメンブレンキーボード「CHALLENGER Go 日本語キーボード」(型番:KB-VEL-MBBLJP-01)を8月28日に発売する。薄型設計のメンブレン式キーボードで、ブルーLEDバックライトも搭載。またマクロ機能も標準で装備している。予想実売価格は7980円前後(税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.