ニュース
» 2014年08月28日 13時00分 UPDATE

レーザー機と共存共栄を図る:キヤノン、ビジネスインクジェットの新ブランド「MAXIFY」――A4複合機5モデルとA4プリンタ1モデルを投入

レーザー複合機/プリンタ市場で高シェアを維持し続けているキヤノンが、ビジネスインクジェットプリンタの新ブランド「MAXIFY」を立ち上げた。

[ITmedia]

 キヤノンは8月28日、ビジネス向けインクジェットプリンタの新ブランド「MAXIFY」を発表した。同ブランドの第1弾製品として、コピー、プリント、スキャン、FAXに対応したA4カラー複合機5モデルと、A4カラープリンタ1モデルを2014年10月に発売する。

 価格はオープン、同社直販価格はA4複合機の上位モデルから順に、「MB5330」が3万6800円、「MB5030」が2万6800円、「MB2330」が2万3800円、「MB2030」が2万1800円、A4プリンタの「iB4030」が2万2800円だ(いずれも税別)。

tm_1408maxify_01.jpg 「MAXIFY」は5機種をラインアップ

 同社は中/小規模事業所向けにレーザープリンタ/複合機の「Satera」ブランドを幅広く展開しているが、インクジェットのMAXIFYは、数枚を早く印刷したい、写真をカラーでキレイに印刷したい、導入/ランニングコストを抑えたい、少人数でスマートデバイス/クラウドを活用したい、省スペースと省電力にこだわりたい、といったユーザーニーズに応え、2つのラインアップでビジネス市場に最適な提案をしていくという。

 MAXIFYはビジネスインクジェットとして、以下の特徴を備えている。

  • 1枚目の印字中に2枚目を重ねて搬送する「重ね連送」により、印刷を高速化
  • CISセンサーを2つ搭載し、1パスで両面原稿を読み取れるADF(MB5330のみ)
  • 高品位な普通紙印刷を実現する専用の新インク(2シリーズを用意)
  • 最大500枚の給紙に対応する2段カセット(MB5330/MB2330/iB4030)
  • 全モデルが自動両面プリント対応
  • 大容量インクで個人向けインクジェットより低ランニングコスト
  • 省エネ設計でレーザー機より消費電力が低い
  • 電源のオン/オフタイマー機能で電力コストと管理負荷を低減
  • スマホ/タブレットからのプリントに対応
  • MAXIFYクラウドリンクに対応
tm_1408maxify_02.jpg MB5330の利用イメージ

 A4カラー複合機で最上位のMB5330は、大型インクタンクの「PGI-2300」シリーズを採用し、250枚×2段の大容量給紙カセット、ADFに最大50枚セットできる1パス両面読み取り対応のスキャナ、タッチパネル付きの3.0型カラー液晶モニタ、有線/無線LAN機能を搭載する。本体サイズは463(幅)×394(奥行き)×351(高さ)ミリ、重量は約13.1キロ。

 A4普通紙のファーストプリントはモノクロ約7秒/カラー約9秒、片面連続プリントはモノクロ約23ipm/カラー約15ipm、片面コピーはカラー約12秒、ADF片面連続コピーはモノクロ約21ipm/カラー約10ipmだ。インクコスト(税別)は、大容量インクタンク使用時でモノクロ約1.8円/カラー約6.1円、標準インクタンク使用時でモノクロ約2.2円/カラー約7.6円。TEC値は約0.3kWhとなる。

 上位2番手のMB5030は、MB5330から給紙カセットを1段(250枚)に、ADFを片面読み取りに変更したモデル。本体サイズは463(幅)×394(奥行き)×291(高さ)ミリ、重量は約11.4キロだ。それ以外のスペックは、MB5330と変わらない。

tm_1408maxify_03.jpgtm_1408maxify_04.jpg 左がMB5330、右がMB5030

 ミドルレンジのMB2330は、PGI-2300と比較して小さなインクタンクの「PGI-1300」シリーズを採用し、250枚×2段の大容量給紙カセット、片面読み取りADF、タッチパネル付きの3.0型カラー液晶モニタ、有線/無線LAN機能を搭載する。本体サイズは463(幅)×389(奥行き)×320(高さ)ミリ、重量は約12.2キロ。

 プリント/コピーの速度は上位2機種と同じだが、インクコストが異なり、大容量インクタンク使用時でモノクロ約3円/カラー約8.9円、標準インクタンク使用時でモノクロ約4.1円/カラー約12.1円となる。TEC値は約0.3kWhと変わらない。

 エントリーのMB2030は、MB2330からプリント/コピー速度を低速に、給紙カセットを1段(250枚)に、液晶モニタをタッチパネルなしの2.5型に、ネットワーク機能を無線LANのみに変更したモデル。本体サイズは463(幅)×389(奥行き)×260(高さ)ミリ、重量は約10.7キロだ。

 A4普通紙のファーストプリントはモノクロ約8秒/カラー約12秒、片面連続プリントはモノクロ約16ipm/カラー約11ipm、片面コピーはカラー約13秒、ADF片面連続コピーはモノクロ約15ipm/カラー約7ipmだ。インクコストはMB2330と変わらない。TEC値は約0.2kWhだ。

tm_1408maxify_05.jpgtm_1408maxify_06.jpg 左がMB2330、右がMB2030

 iB4030はシリーズ中で唯一のA4単機能カラープリンタ。液晶モニタは搭載しないが、複合機の最上位であるMB5330同様、大型インクタンクのPGI-2300シリーズを採用し、250枚×2段の大容量給紙カセット、有線/無線LANを備えている。プリント/コピー速度、インクコストもMB5330と同じだ。TEC値は約0.2kWh。本体サイズは463(幅)×394(奥行き)×290(高さ)ミリ、重量は約9.8キロだ。

tm_1408maxify_07.jpg iB4030

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.