ニュース
» 2014年08月28日 12時08分 UPDATE

ASUS、超小型PC「VivoPC」にWindows 7導入の法人向けモデル

ASUSTeKは、超小型デスクトップPC「VivoPC」の法人向けバリエーションモデル「VivoPC VC60」を発表。OSとしてWindows 7 Professional 64ビット版を導入している。

[ITmedia]
photo VivoPC VC60

 ASUSTeKは8月28日、法人向けとなる超小型デスクトップPC「VivoPC VC60」を発表、8月29日に販売を開始する。価格はオープン。

 同社製の超小型デスクトップPC「VivoPC」のバリエーションモデルで、OSとしてWindows 7 Professional 64ビット版(Windows 8.1 Pro ダウングレード権行使)を導入しているのが特徴だ。

 製品ラインアップは、Core i3-3110M搭載モデルの「VIVOPC-VC60-B205T」とCore i5-3210M搭載モデルの「VIVOPC-VC60-B206T 」の2タイプを用意した。ともにメモリは4Gバイト、ストレージは500GバイトHDDを内蔵。IEEE802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI/Mini DisplayPort出力、USB 3.0×4、USB 2.0×2なども備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.