ニュース
» 2014年09月04日 12時02分 UPDATE

エプソンダイレクト、税込み8万円台からのBTO対応スリムPC「Endeavor MR4500E」

エプソンダイレクトは、スリムタワー筐体を採用するスタンダードデスクトップPC「Endeavor MR4500E」を発表。カスタマイズによりCore i7-4790Kまでの搭載に対応している。

[ITmedia]
photo Endeavor MR4500E

 エプソンダイレクトは9月4日、スリムタワー筐体を採用するスタンダードデスクトップPC「Endeavor MR4500E」を発表、本日より受注を開始した。

 従来機種「Endeavor MR4400E」と同様に、本体幅98ミリの省スペース筐体を採用。柔軟なBTOカスタマイズメニューを用意しており、OSやCPU/メモリ、グラフィックスカードなども任意に選択できる。CPUはCore i7-4790Kまでの搭載が可能だ。

 標準構成時のスペックは、CPUがPentium G3240(3.1GHz)、メモリがDDR3 4Gバイト、HDDが500Gバイト、光学ドライブがDVD-ROMドライブを内蔵。OSはWindows 8.1 64ビット版を導入する。標準構成価格は7万9800円だ(税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.