ニュース
» 2014年09月12日 13時06分 UPDATE

サードウェーブデジノス、Quadro K3100M搭載/3K表示対応の15.6型モバイルWS「Raytrek QK3100HE」

サードウェーブデジノスは、2880×1620ピクセル表示に対応した15.6型モバイルワークステーション「Raytrek QK3100HE」を発売した。

[ITmedia]
photo Raytrek QK3100HE

 サードウェーブデジノスは9月12日、15.6型ワイド液晶を内蔵するモバイルワークステーション「Raytrek QK3100HE」を発表、本日よりドスパラ各店/ドスパラ通販で販売を開始した。価格は24万9980円(税込み)。

 2880×1620ピクセルの高解像度表示をサポートした15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵するモバイルWS。CPUはCore i7-4710MQ(2.5GHz/最大3.5GHz)を、グラフィックスコアはQuadro K3100M/4Gバイトを内蔵したハイスペック構成モデルだ。

 メモリはDDR3L 8Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。IEEE802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.0+HSなども利用可能だ。OSはWindows 8.1 Proを導入している(Windows 7モデルも用意)。

top_features1_icon_13_1401070134.jpg

→PC USER特設ページ「ドスパラチャンネル」
アキバの老舗ショップ「ドスパラ」はオリジナルPCもスゴイ! 最大4GHzの最新CPUモデルをカスタマイズしても2日でスピード出荷!!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.