ニュース
» 2014年09月17日 11時00分 UPDATE

日本HP、BeatsブランドSpecial Edition3モデルを投入

日本HPはBeats限定モデルを液晶一体型PC、ノートPC、そして、タブレットで投入。Beatsロゴのほかに、ブランドイメージのレッドでデザインを統一している。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、9月17日にBeatsと連携したSpecial Edition 3モデルを発表した。登場するのは液晶一体型PCの「HP ENVY 23 Beats Special Edition」と15.6型液晶ディスプレイ搭載ノートPC「HP Beats 15-p000」、そして、7型ディスプレイ搭載Androidタブレット「HP Slate 7 Beats Special Edition」だ。

 それぞれ出荷開始は9月26日からで、HP Slate 7 Beats Special EditionはHP Directと店頭で、そのほかのモデルは店頭で販売する。税別の店頭価格はHP Slate 7 Beats Special Editionが2万5000円前後、HP Beats 15-p000が9万5000円前後、HP ENVY 23 Beats Special Editionが14万円前後になる。

 HP Slate 7 Beats Special Editionは、すでに出荷している「HP Slate 7 Extreme」がベースになっている。ただし、スピーカーはバスレフタイプの新しいユニットを内蔵し、Beatsが監修した“Beats Audio”を導入。ボディカラーに限定のスパークリングレッドを採用した。また、外装には滑りにくいソフトタッチ処理を施している。

kn_hpbeats_01.jpgkn_hpbeats_02.jpg HP Slate 7 Beats Special Edition

 そのほかの仕様はHP Slate 7 Extremeと共通する。CPUはTegra 4(1.8GHz)で、システムメモリはDDR3Lを1Gバイト、データストレージはeMMCを16Gバイト用意する。ディスプレイサイズは7型で解像度は1280×800ピクセル。本体サイズは200(幅)×120(奥行き)×9.9(高さ)ミリで重さは356グラム。無線接続はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth3.0を利用できる。

 HP Beats 15-p000は、すでに出荷している「HP Pavilion 15-p000」がベースになる。ただし、こちらも新たにメインスピーカー2基とサブウーファー2基の構成に変更して(出力はすべて2ワット)、“Beats Audio”を導入した。ボディカラーはプリリアントレッドとトゥインクルブラックのツートンカラーとし、Beatsロゴを底面とタッチパッドに施した。

kn_hpbeats_03.jpgkn_hpbeats_04.jpg HP Beats 15-p000

 システム構成はAMDプラットフォームを採用している。APUにA8-5545M(4コア、1.7GHz/最大2.7GHz、統合グラフィックスコアはRadeon HD 8510G、TDP19ワット)を搭載し、システムメモリはDDR3Lが8Gバイト、データストレージは容量1TバイトのHDDを内蔵する。ディスプレイサイズは15.6型で解像度は1920×1080ピクセル。本体サイズは385(幅)×262(奥行き)×25(高さ)ミリで、重さは2.56キロだ。

 HP ENVY 23 Beats Special Editionは、23型ディスプレイを搭載する液晶一体型PCで、前面下部にメインスピーカー4基、サブウーファー4基を搭載し(出力はすべて3ワット)、“Beats Audio”を導入する。ボディカラーはプリリアントレッドとブラックのツートンカラーで、Beatsロゴをスピーカーを搭載した液晶ディスプレイ下部中央において、起動時には赤く輝くようにしている。

kn_hpbeats_05.jpgkn_hpbeats_06.jpg HP ENVY 23 Beats Special Edition

 CPUはCore i5-4460T(4コア/4スレッド、1.9GHz/最大2.7GHz)でグラフィックス機能はCPUに統合するIntel HD Graphics 4600を利用する。システムメモリはDDR3Lを8Gバイト、データストレージは容量1TバイトのHDDとキャッシュ用の容量8GバイトのSSDを組み合わせている。光学ドライブとしてDVDスーパーマルチを本体に内蔵するほか、HDMI入力を備えてほかのデバイスの映像をHP ENVY 23 Beats Special Editionで表示することも可能だ。また、本体左側面にはヘッドフォンホルダーも備える。無線接続ではIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。本体サイズは565(幅)×413(高さ)×130(奥行き)ミリで重さは8.7キロになる。

icon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.