ニュース
» 2014年09月30日 11時00分 UPDATE

NEC、“中継機能”を強化した最上位モデル「AtermWG1800HP2」

NECプラットフォームズは、Atermシリーズ最上位モデルで5GHz帯と2.4GHz帯同時利用対応モデルの後継機種を発表した。

[ITmedia]

 NECプラットフォームズは9月30日、IEEE802.11ac対応無線LANルータ「AtermWG1800HP2」を発表した。出荷開始は10月9日の予定だ。AtermWG1800HP2のほか、2台セットで1台を子機モードで利用する「イーサネットコンバータセット」も用意する。どちらも価格はオープン。税別の実売予想価格は本体単体モデルが1万7000円前後、セットモデルが3万3000円前後となる見込みだ。

kn_atwg18hp2_01.jpg 「AtermWG1800HP2」

 AtermWG1800HPは、ホームルータの最上位モデル「AtermWG1800HP」の後継モデルだ。5GHz帯と2.4GHz帯の無線LAN規格の同時利用に対応し、無線LANの最大転送速度は1300Mbpsになる。有線LANはギガビットに対応し、LAN側インタフェースは4基を用意する。

 主な仕様はAtermWG1800HPと共通する。無線接続関連機能では、ハイパーロングレンジモードと超小型アンテナ技術「μEBG」「μSRアンテナ」を採用する。無線接続中継機能では、5GHz帯無線LANと2.4GHz帯無線LANを中継できる「Wi-Fi高速中継機能」のほかに、「5GHz−5GHz中継」と独自仕様の「TVモード」に対応した「Wi-Fi TVモード中継機能」にも対応した。

 さらに、ユーザーによってネットワークに接続できる時間と制限できる「こども安心タイマー」を導入したほか、無線LAN接続設定にNFCを利用する“らくらく「かざして」スタート”機能が利用できるようになった。

 本体サイズは33(幅)×110(奥行き)×170(高さ)ミリで重さは約0.4キロ。AtermWF800HPと同じデザインの縦置きでも横置きでも壁掛けでも使えるボディを採用している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.