ニュース
» 2014年10月02日 14時00分 UPDATE

2014年PC秋冬モデル:待望の10.1型ディスプレイ搭載2in1──パナソニック 「Let'snote RZ4」 (1/2)

インテルの最新CPU「Core M」シリーズを搭載した小型軽量のシリーズが登場した。斬新なカラーリングのボディは“LaVie Z”より軽い。

[ITmedia]

“R”を待っていたレッツラーに朗報

パナソニックは、10月2日にLet'snote RZ4の新シリーズ「Let'snote RZ4」を発表した。店頭モデルの出荷開始は10月17日からの予定で、実売予想価格は最小構成で税別16万円前後からだ。

kn_rz4rls_01.jpg Let'snote RZ4

 Let'snote RZ4は、10.1型液晶ディスプレイを搭載する2in1タイプのノートPCだ。Let'snote MXシリーズと同じく、液晶ディスプレイを360度開くことで、クラムシェルスタイルのノートPCからスレートスタイルのタブレットまで形態を変えて利用できる。ディスプレイの解像度は1920×1200ピクセルでタッチパネルを内蔵する。本体サイズは250(幅)×180.8(奥行き)×19.5(高さ)ミリで、重さは約745グラムになる。この状態で容量4860mAhのバッテリーを装着してバッテリー駆動時間はJEITA 2.0測定条件で約10時間、JEITA 1.0測定条件で約14時間だ。

 CPUは、インテルがコンシューマー向けCPUとしては初めて14ナノメートルプロセスルールを導入した開発コード名“Broadwell-Y”ことCore Mシリーズを採用した。店頭モデルでは、Core M-5Y10(800MHz/最大2GHz、2コア4スレッド、TDP4.5ワット)を採用する。

 店頭モデルのシステム構成は、システムメモリが4Gバイトでデータストレージが容量128GバイトのSSDを内蔵する下位構成とシステムメモリが8Gバイトでデータストレージが容量256GバイトのSSDを内蔵する上位構成を用意する。なお、メモリはシステム基板に直接実装しているため、後から増設はできない。また、データストレージデバイスはM.2接続のSSDを採用する。

kn_rz4rls_02.jpgkn_rz4rls_03.jpg 店頭モデルのカラーバリエーションでは、シルバーに加えて(写真=左)、「ブルー&カッパー」モデルも用意した(写真=右)

 745グラムの軽量ボディながら、工場出荷時に「76センチ底面方向動作落下」「非動作時100キロf加圧振動」「非動作時自由落下」「非動作時局部加圧」「ヒンジ開閉耐久」「キーボード打鍵」といった試験に耐える堅牢性を確保している。

 軽量ボディと堅牢性を実現するために、Let'snote RZ4では、トップキャビネットで部位ごとにパネルの厚さを変える「VHフレームストラクチャー」と液晶パネルを高度が異なるダンパーで補強する「複合ダンパー構造」を導入した。

 本体搭載のインタフェースは、3基のUSB 3.0にSDメモリーカードスロット、HDMI出力、ヘッドセット端子に加えて、ギガビット対応有線LANにアナログRGB出力まで備えている。無線接続ではIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0が利用できる。

 キーボードは、ほかのLet'snoteシリーズと同じくリーフ形状のキートップを採用する。キーピッチは横方向に16.8ミリ、縦方向は14.2ミリ。キーストロークは1.5ミリを確保した。ポインティングデバイスはLet'snote MXシリーズと同様に四角いタイプを搭載する。なお、ボディが小型化してパームレストに置いた手のひらで誤動作を避けるために、タッチパッド誤操作防止ユーティリティを用意して、タッチパッドに三角形状のエリアを設けてその中だけがタッチ操作に反応するようにしている。

 標準で付属するユーティリティには、接続した外部ディスプレイに表示したいフォームを選択してワンアクションで拡大表示ができる「画面共有アシストユーティリティ」もある。また、Microsoft Officeが付属する構成では、最新の「Micorosoft Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス」を用意する。

 店頭モデルのラインアップは、導入するOSとデータストレージ、システムメモリ、そして、ボディカラーが異なる5構成が登場する。実売予想価格は、OSがWindows 8.1 Updateでシステムメモリが4Gバイト、データストレージが容量128GバイトのSSDでボディカラーがシルバーの「CF-RZ4CDDJR」が16万円前後、これにOfficeが付属してボディカラーがブルーの天面に銅色のボディを組み合わせた「ブルー&カッパー」の「CF-RZCDEJR」が19万円前後、ボディカラーがシルバーの「CF-RZ4CDFJR」が18万5000円前後、OSがWindows 8.1 Pro Updateでシステムメモリが8Gバイト、データストレージが容量256GバイトのSSD、Officeが付属する「CF-RZ4CDLBR」が23万5000円前後、ボディカラーがブルー&カッパーになる「CF-RZ4CDMBR」が24万円前後になる。

「LTE無線回線バンドルモデル」が選べるWeb限定モデル

 Panasonic Storeで取り扱うWeb販売限定のモデルでは、CPUでCore M-5Y70 vPro(1.1GHz/最大2.6GHz、2コア4スレッド、TDP4.5ワット)や容量512GバイトのSSDなど店頭モデルより高いスペックで構成可能だ。また、パナソニックが独自に用意するLet'snote専用プランに対応したSIMを工場出荷時に装着して各種設定を行う「LTE無線回線バンドルモデル」も用意する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.