ニュース
» 2014年10月09日 11時00分 UPDATE

2014年PC秋冬モデル:“3waystyle”で使いやすさが向上した新デザインも──「FMV ESPRIMO WH」「FMV ESPRIMO FH」 (1/2)

富士通が発表した液晶一体型PCでは、新開発のボディを採用してユーザーの利用目的にあった使いやすい形を提供するモデルが登場した。

[ITmedia]

新デザインのボディで“3waystyle”の使いやすさを「WH77/S」「WH53/S」

 富士通は、10月9日にデスクトップPCラインアップ「FMV ESPRIMO」の新モデルを発表した。登場するのは、「WH」シリーズの2モデル「FMV ESPRIMO WH77/S」「FMV ESPRIMO WH53/S」と「FH」シリーズの1モデル「FMV ESPRIMO FH52/S」だ。出荷開始はWH77/SとWH53/Sが11月21日から、FS52/Sが10月17日からの予定。税別の実売予想価格はWH77/Sが22万円強、WH53/Sが19万円前後、FH52/Sが15万円強となる見込みだ。

kn_fmvwhfh_01.jpg 新デザインのボディを採用したFMV ESPRIMO WHシリーズ

kn_fmvwhfh_03.jpgkn_fmvwhfh_04.jpg WH53/Sにはシャイニーブラックモデル(写真=左)とスノーホワイトモデル(写真=右)を用意する

 WH77/SとW53/Sは、23型ワイド液晶ディスプレイを搭載した液晶一体型PCで、新しいボディを採用した。ディスプレイの額縁は従来モデルの35.45ミリから20.5ミリと細くなったほか、新しいヒンジ機構を採用して「ベーシックスタイル」「タッチスタイル」「ペンスタイル」を使い分けることができる「3waystyle」機構を導入した。

 それぞれのスタイルへの変更は座ったままでキーボードをよけなくても安定して行えるほか、座ったままの姿勢で本体搭載のインタフェースへアクセスが容易で、最も倒した状態でディスプイに手の平を置いても安定して使える。また、最も倒した状態でも奥行きを400ミリ以内に抑えるようにしている。

 最もディスプレイを起こしたベーシックスタイルは、通常のデスクトップPCのようにOfficeアプリを使った作業やコンテンツの鑑賞に適したスタイルで、そこからディスプレイを倒すと、Webや写真の閲覧に適したタッチスタイルに移行し、最も倒した状態では画像編集やメモをスタイラスを使って手書きで行う作業に適した「ペンスタイル」に移行する。

 新開発のヒンジでは、スプリングの数を従来の4本から6本に増やし、それぞれの役割を回転性の制御に4本、ディスプレイ部の軽快性の制御に2本と使い分けることで操作性が向上し、調整幅を拡大したと説明している。また、アームとベースの支持構造では、ディスプレイ部をどこまで倒せるか視覚的に分かりやすいようにしているほか、ディスプレイの端に近いヒンジ両端の組み立て制度を高めることでディスプレイ部のぐらつきも減らしている。

 画面の表示モードでは、本体に内蔵した加速度センサーを利用して、ベーシックスタイルとタッチスタイルで「標準モード」のほかに、ペンスタイルでは紙に近い色調の「ペーパーモード」に自動で切り替える。また、ペンスタイルに移行したときは、「ペンナビ」アプリケーションが自動で起動して、手の平を感知したらタッチ操作を無効にする機能やペン操作に対応したアプリケーションのリストを表示するなど、ペンスタイルで使いやすい工夫を施している。

 ペン操作に適したソフトウェアとしては、カード/ハガキ/ラベル作成アプリのほか、Webクリップ+ノートとして使える「OneNote」、画像編集用の「My Cloud Studio」、手書きアプリの「Fresh paint」、そして、手書き入力ツールが標準で付属する。

 また、WH77/Sは液晶ディスプレイ上端に3D対応カメラを搭載してインテルのユーザーインタフェース技術「RealSence」を利用できる。標準ではインテルが用意したチュートリアルアプリが付属するが、今後、対応アプリケーションをインテルの専用Webサイトからダウンロードして使うことができる予定だ。

 WH77/Sのシステム構成はCPUがCore i7-4712MQ(2.3GHz/最大3.3GHz、4コア8スレッド、3次キャッシュメモリ6Mバイト)でシステムメモリがDDR3-1600を8Gバイト載せている。データストレージは容量2TバイトのHDDを内蔵する。WH53/SはCPUがCore i3-4100M(2.5GHz、2コア/4スレッド、3次キャッシュメモリ3Mバイト)でシステムメモリがDDR3-1600を4Gバイト載せている。データストレージは容量1TバイトのHDDを内蔵する。

 そのほかの構成は共通で、23型ディスプレイの解像度は1920×1080ピクセル、BDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載して本体には4基のUSB 3.0とUSB 2.0、メディアカードスロットを備える。無線接続ではIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0が利用できるほか、WH77/SではNFCにも対応する。OSは64ビット版 Windows 8.1 Updateで、Microsoft Office Home and Business Premiumが標準で付属する。

 本体サイズは本体最小傾斜時で564(幅)×229(奥行き)×385(高さ)ミリ、本体最大傾斜時で564(幅)×352(奥行き)×167(高さ)ミリ。重さはWH77/Sが約9.9キロでWH53/Sが約9.7キロになる。


【468*60】ESPRIMO WH
富士通 FMV ESPRIMO FH

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.