ニュース
» 2014年10月10日 12時37分 UPDATE

サードウェーブデジノス、Xeon E5搭載のハイスペックミドルタワーWS

サードウェーブデジノスは、“Haswell-EP”世代の最新Xeon E5プロセッサを搭載したミドルタワー型デスクトップWS「Raytrek HE-X」を発表した。

[ITmedia]
photo Raytrek HE-Xシリーズ

 サードウェーブデジノスは10月10日、Xeon E5プロセッサを搭載したミドルタワー型デスクトップWS「Raytrek HE-X」シリーズを発表、本日より販売を開始する。

 “Haswell-EP”世代の最新Xeon E5プロセッサの搭載に対応したミドルタワー型ワークステーションで、製品バリエーションとしてQuadro搭載製品とGeForce搭載製品を用意。OSはWindows 7/Windows 8.1を選択可能だ。

 製品ラインアップとしては、Xeon E5-2687W v3/Quadro K4200/メモリ32Gバイト搭載モデルの「Raytrek HE-X K4」、Xeon E5-2687W v3/GeForce GTX TITAN Black/メモリ32Gバイト搭載モデルの「Raytrek HE-XK」を用意した。標準構成価格はそれぞれ54万9980円/57万9980円だ(税別)。

top_features1_icon_13_1401070134.jpg

→PC USER特設ページ「ドスパラチャンネル」
アキバの老舗ショップ「ドスパラ」はオリジナルPCもスゴイ! 最大4GHzの最新CPUモデルをカスタマイズしても2日でスピード出荷!!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.