ニュース
» 2014年10月15日 11時00分 UPDATE

2014年PC秋冬モデル:新Office搭載のデスクトップ、CPU強化のモデルも――「VALUESTAR N/S/L」

NECの液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR N」と「VALUESTAR S」、セパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」に2014年秋冬モデルが登場。いずれも新Officeを搭載し、モデルによってはCPUを強化している。

[ITmedia]

 NECパーソナルコンピュータは10月15日、液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR N」と「VALUESTAR S」、セパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」の2014年秋冬モデルを発表した。いずれもOSは64ビット版Windows 8.1 Update、付属のMicrosoft OfficeはPremium プラス Office 365 サービス(1年間)を採用する。発売日は2014年10月23日の予定、価格はオープンだ。

最大5チューナー搭載の23型AVPC――「VALUESTAR N」

 液晶一体型デスクトップPCの上位シリーズ「VALUESTAR N」は、1920×1080ピクセル表示の23型IPS液晶ディスプレイを搭載。最大5チューナーを搭載し、テレビ録画機能が充実したAVPCだ。

tm_1410valuestar_01.jpg 上位機の「VN970/TSB」

 秋冬モデルの変更点としては、CPUをCore i7-4700MQ(2.4GHz/最大3.4GHz)からCore i7-4710MQ(2.5GHz/最大3.5GHz)に底上げし、オフィススイートをOffice Home and Business 2013からOffice Home & Business Premium プラス Office 365 サービス(1年間)に強化、外出先におけるテレビ録画番組の「リモート視聴」に対応した。

 フォトフレームデザインのボディやヤマハ製ステレオスピーカー(3ワット+3ワット/FR-Port方式)、基本スペックはほぼ夏モデルを継承している。

 ラインアップは2機種4モデルを用意。いずれもCore i7-4710MQ(2.5GHz/最大3.5GHz)、8Gバイトメモリ×1(PC3L-12800/最大16Gバイト)、3TバイトHDD(5400rpm)、BDXL対応のBlu-ray Discドライブなどを搭載し、ワイヤレスのキーボードとレーザーマウス、パッド付きリモコンが付属する。

 上位機は「VN970/TSB」(ファインブラック)の1色のみ。タッチパネル付きの液晶ディスプレイ、視聴専用(ぱっと観テレビ)のチューナーと録画対応の4チューナーを組み合わせた3波5チューナーのテレビ機能を備えている。実売価格は23万9800円前後(税別、以下同様)の見込み。

tm_1410valuestar_02.jpg 下位機の「VN770/TSW・B・R」は3色のカラバリ

 下位機は「VN770/TSW」(ファインホワイト)、「VN770/TSB」(ファインブラック)、「VN770/TSR」(クランベリーレッド)の3色展開。タッチパネルなしの液晶ディスプレイ、3波2チューナー(ぱっと観テレビなし)のテレビ機能を搭載する。実売価格は20万9800円前後 の見込み。

 それ以外の仕様は、通信機能として、IEEE802.11a/b/g/n/acの無線LAN、1000BASE-Tの有線LAN、Bluetooth 4.0を内蔵。SDXC対応SDメモリーカードスロット、USB 3.0×4、USB 2.0×2(1ポートは電源オフチャージ対応)、HDMI出力、音声入出力、有効約92万画素のカメラとステレオマイクを搭載する。本体サイズは最小傾斜時で563(幅)×280(奥行き)×480(高さ)ミリ、重量は約15.5キロ。

VALUESTAR N店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
VALUESTAR N VN970/TS (2色) 液晶一体型 CPU、Office強化 Core i7-4710MQ (2.5GHz/最大3.5GHz) 8GB (DDR3L) 3TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 23万9800円前後
VN770/TS (3色) 液晶一体型 CPU強化 Core i7-4710MQ (2.5GHz/最大3.5GHz) 8GB (DDR3L) 3TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 20万9800円前後
VALUESTAR N店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 通信機能
VALUESTAR N VN970/TS (2色) 23型ワイド (タッチパネル / IPS) 1920×1080 Intel HM86 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4600) 3波4デジ + 3波ぱっと観 / Office Home and Business Premium + Office 365(1年間) 802.11a/b/g/n/ac 無線LAN
VN770/TS (3色) 23型ワイド (IPS) 1920×1080 Intel HM86 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4600) 3波Wデジ / Office Home and Business Premium + Office 365(1年間) 802.11a/b/g/n/ac 無線LAN

シングルチューナーの省スペース一体型PC――「VALUESTAR S」

 液晶一体型デスクトップPCの下位シリーズ「VALUESTAR S」は、1920×1080ピクセル表示の21.5型IPS液晶ディスプレイを採用。上位のVALUESTAR Nと比較して、省スペースのボディ(奥行き190ミリ)に3波シングルチューナーのテレビ機能を備えた機種となる(テレビなしモデルも用意)。

tm_1410valuestar_03.jpg 上位機の「VS570/TSB」

 秋冬モデルの主な変更点は、Microsoft OfficeをPremium プラス Office 365 サービスに変更し、テレビ録画番組のリモート視聴に対応したのみ。こちらもフォトフレームデザインのボディやヤマハ製ステレオスピーカー(2ワット+2ワット/FR-Port方式)、基本スペックはほぼ夏モデルを引き継いだ。ラインアップは3機種5モデルを用意する。

 最上位機の「VS570/TSB」(ファインブラック)は1色展開。Core i5-4210U(1.7GHz/最大2.7GHz)、4Gバイトメモリ×1(PC3L-12800/最大16Gバイト)、1TバイトHDD(7200rpm)、BDXL対応のBlu-ray Discドライブ、タッチパネル付き液晶ディスプレイ、IEEE802.11a/b/g/n/acの無線LAN、Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス(1年間)などを搭載し、ワイヤレスのキーボードとレーザーマウス、パッド付きリモコンが付属する。実売価格は18万4800円前後の見込み。

tm_1410valuestar_04.jpg 中位機の「VS370/TSW・B・R」は3色のカラバリ

 中位機は「VS370/TSW」(ファインホワイト)、「VS370/TSB」(ファインブラック)、「VS370/TSR」(クランベリーレッド)の3色から選択可能。上位のVS570/TSBから、CPUをCeleron 2957U(1.4GHz)に、液晶ディスプレイをタッチパネル非搭載に、光学ドライブをDVDスーパーマルチに、無線LANをIEEE802.11a/b/g/nに、オフィスをOffice Personal プラス Office 365 サービス(1年間)に変更した構成だ。実売価格は14万4800円前後の見込み。

 下位機は「VS350/TSW」(ファインホワイト)の1色のみ。中位のVS370/TW・B・Rからテレビチューナーを省いた構成だ。実売価格は13万4800円前後の見込み。

 それ以外の仕様は、通信機能として1000BASE-Tの有線LAN、Bluetooth 4.0を内蔵。SDXC対応SDメモリーカードスロット、USB 3.0×2(1ポートは電源オフチャージ対応)、USB 2.0×4、音声入出力、有効約92万画素のカメラとステレオマイクを搭載する。本体サイズは最小傾斜時で527(幅)×190(奥行き)×432(高さ)ミリ、重量はVS570/TSBが約9.6キロ、VS370/TW・B・Rが約8.8キロ、VS350/TSWが約8.7キロ。

VALUESTAR S店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
VALUESTAR S VS570/TS (1色) 液晶一体型 Office強化 Core i5-4210U (1.7GHz/最大2.7GHz) 4GB (DDR3L) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 18万4800円前後
VS370/TS (3色) 液晶一体型 Office強化 Celeron 2957U (1.4GHz) 4GB (DDR3L) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 14万4800円前後
VS350/TS (1色) 液晶一体型 Office強化 Celeron 2957U (1.4GHz) 4GB (DDR3L) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 13万4800円前後
VALUESTAR S店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 通信機能
VALUESTAR S VS570/TS (1色) 21.5型ワイド (タッチパネル / IPS) 1920×1080 CPU統合 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4400) 3波デジ / Office Home and Business 2013(SP1) 802.11a/b/g/n/ac 無線LAN
VS370/TS (3色) 21.5型ワイド (IPS) 1920×1080 CPU統合 DVDスーパーマルチ CPU統合 3波デジ / Office Home and Business Premium + Office 365(1年間) 802.11b/g/n 無線LAN
VS350/TS (1色) 21.5型ワイド (IPS) 1920×1080 CPU統合 DVDスーパーマルチ CPU統合 ─ / Office Personal Premium + Office 365(1年間) 802.11b/g/n 無線LAN

拡張性に配慮したスリムタワーPC――「VALUESTAR L」

 「VALUESTAR L」は液晶ディスプレイ分離型のスリムタワーPC。テレビチューナーを内蔵しないシンプルな構成のデスクトップPCだ。秋冬モデルの主な変更点は、Microsoft OfficeをPremium プラス Office 365 サービスに変更し、下位機のCPUを強化したのみで、ボディデザインや基本スペックはほぼ夏モデルと変わらない。ラインアップは2機種2モデル(いずれもホワイト)だ。

tm_1410valuestar_05.jpg 上位機の「VL750/TSW」

 上位機の「VL750/TSW」はCore i7-4790(3.6GHz/最大4GHz)、8Gバイトメモリ(4Gバイト×2/PC3-12800/最大32Gバイト)、3TバイトHDD(5400rpm)、BDXL対応のBlu-ray Discドライブ、SDXC対応SDメモリーカードスロット、Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス(1年間)などを搭載し、1920×1080ピクセル表示の23型IPS液晶ディスプレイ(ノングレア/2ワット+2ワットスピーカー/HDMI入力付き)、PS/2小型キーボード、USBレーザーマウスが付属する。実売価格は22万4800円前後の見込み。

tm_1410valuestar_06.jpg 下位機の「VL150/TSW」

 下位機の「VL150/TSW」は、CPUを夏モデルのCore i3-4150(3.5GHz)からCore i3-4160(3.6GHz)に強化。4Gバイトメモリ(4Gバイト×1/PC3-12800/最大32Gバイト)、1TバイトHDD(7200rpm)、DVDスーパーマルチドライブ、Office Personal プラス Office 365 サービス(1年間)などを搭載し、付属の液晶ディスプレイは1440×900ピクセル表示の19型(ノングレア/1ワット+1ワットスピーカー/HDMI入力なし)となる。SDXC対応SDメモリーカードスロットは内蔵しない。実売価格は11万9800円前後の見込み。

 拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1を装備(いずれも空きスロット/ロープロファイル仕様)。1000BASE-Tの有線LAN、DisplayPort出力、アナログRGB出力、シリアル、PS/2×2、USB 3.0×4、USB 2.0×4、音声入出力を搭載する。本体サイズは97(幅)×405(奥行き)×333(高さ)ミリ、重量はVL750/TSWが約6.8キロ、VL150/TSWが約6.5キロ。

VALUESTAR L店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
VALUESTAR L VL750/TS (1色) セパレート Office強化 Core i7-4790 (3.6GHz/最大4GHz) 8GB (DDR3) 3TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 22万4800円前後
VL150/TS (1色) セパレート CPU、Office強化 Core i3-4160(3.6GHz) 4GB (DDR3) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 11万9800円前後
VALUESTAR L店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 通信機能
VALUESTAR L VL750/TS (1色) 23型ワイド(IPS) 1920×1080 Intel B85 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4600) ─ / Office Personal Premium + Office 365(1年間) ギガビット有線LAN
VL150/TS (1色) 19型ワイド (ノングレア) 1440×900 Intel B85 DVDスーパーマルチ CPU統合 (HD 4400) ─ / Office Personal Premium + Office 365(1年間) ギガビット有線LAN

Web直販「VALUESTAR G」シリーズは仕様のカスタマイズに対応

 同時発表したWeb直販の「VALUESTAR G」シリーズは、ワンランク上のCPU、大容量メモリ、大容量HDD、64ビット版Windows 8.1 Pro Update、OfficeのPremium プラス Office 365 サービス(1年間)など、仕様のカスタマイズに対応する。

 VALUESTAR Nベースの「VALUESTAR GタイプN」とVALUESTAR Sベースの「VALUESTAR GタイプS」はテレビチューナーの数やテレビなしの構成も選択でき、抗菌キーボードを採用。VALUESTAR GタイプNは16Gバイトメモリ、4TバイトHDD、VALUESTAR GタイプSはCore i7-4500U(1.8GHz/最大3.0GHz)、16Gバイトメモリ、2TバイトHDDを搭載可能だ。

 VALUESTAR Lベースの「VALUESTAR GタイプL」は、最大32Gバイトのメモリ、4TバイトHDD、AMD Radeon HD 8570搭載グラフィックスカード、液晶ディスプレイが選べる。

NEC Direct(NECダイレクト)

NEC Direct(NECダイレクト)

NEC Direct(NECダイレクト)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.