ニュース
» 2014年11月05日 15時29分 UPDATE

アイ・オー、リモートアクセス対応のスタンダードNAS「HDL-AR」など2シリーズ

アイ・オー・データ機器は、同社製個人向けNAS「LAN DISK A」の新モデル計2シリーズを発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は11月5日、同社製の個人向けNAS「LAN DISK A」シリーズの新モデル「HDL-AR」「HDL2-AR」シリーズを発表、11月中旬に出荷を開始する。

photophoto HDL-ARシリーズ(左)、HDL2-ARシリーズ(右)

 それぞれHDDを1基/2基内蔵したスタンダードNASで、外出先などからファイルのアクセスを行える「Remote Link 3」機能を標準で搭載した。また、従来モデル「HDL-AS」「HDL2-A」に準じる高速アクセスに対応しているのも特徴だ。2ドライブモデルのHDL2-ARシリーズはミラーリング構成もサポートした。

 容量ラインアップは、HDL-ARシリーズが2Tバイト/3Tバイトの2タイプを用意、価格はそれぞれ2万6600円/3万5500円。HDL2-ARシリーズは2Tバイト/4Tバイト/6Tバイトの3タイプを用意、価格はそれぞれ3万3300円/4万3300円/5万7900円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう