連載
» 2014年11月05日 21時35分 UPDATE

カウントダウン企画第7回:日刊!プチコン3号――柔軟な利用が可能な「グラフィックページ」

待ちきれないプチコン待機組のために、配信日まで日刊連載開始! 記事のネタが尽きるのが先か、配信が始まるのが先か! カウントダウンと言いながらカウントが増え続けているのも気になるぞ!

[瓜生聖,ITmedia]

柔軟な利用が可能な「グラフィックページ」

 プチコン3号ではグラフィック画面/BG画面/SPRITE/コンソール画面に関連してグラフィックページという概念がある。ちょっと紛らわしいが、「ページ」と「画面」という言葉の違いに注意してもらいたい。グラフィックページは6ページあり、GRP0〜GRP5でアクセスすることができる。デフォルトでは上下のグラフィック画面にGRP0とGRP1、SPRITEにGRP4、BG画面にGRP5が割り当てられている。

 グラフィック画面とSPRITE/BG画面ではグラフィックページの扱いが若干異なる。グラフィック画面では表示内容そのものがグラフィックページに書き込まれるのに対し、SPRITE/BG画面ではSPRITEキャラクタ/BGキャラクタのデータ置き場になっている。そして初期状態でGRP4にはプリセットのSPRITEデータが、GRP5には同様にBGキャラクタが書き込まれている。GRP4/GRP5も自由に書き換えることができるが、ACLSを実行すれば初期状態に戻る。

 SPPAGE、BGPAGEでSPRITE/BGキャラクタ用のグラフィックページを切り替えると表示中のSPRITE/BGキャラクタを瞬時に切り替えることもできる。また、同一のグラフィックページをGPAGEの操作ページとBGキャラクタ/SPRITEの両方に割り当てることも可能だ。

サンプル

関係する命令

BGPAGE グラフィックページ

 説明

  BGキャラに割り当てるグラフィックページの設定

 引数

  グラフィックページ

   0〜5:GRP0〜GRP5

   初期状態のBG用グラフィックページは5

SPPAGE グラフィックページ

 説明

  SPRITEに割り当てるグラフィックページの設定

 引数

  グラフィックページ

   0〜5:GRP0〜GRP5

   初期状態のSPRITE用グラフィックページは4

GPAGE 表示ページ,操作ページ

 説明

  グラフィック表示ページと操作ページの指定

 引数

  表示ページ

   0〜5:GRP0〜GRP5

  操作ページ

   0〜5:GRP0〜GRP5

   初期状態ではGRP4にSPRITE用キャラ、GRP5にBG用キャラが存在しているので注意

ACLS

 説明

  描画設定をBASIC起動時の状態に戻す

  以下の命令実行に相当

   XSCREEN 0

   LOAD "GRP4:SYS/DEFSP.GRP"

   LOAD "GRP5:SYS/DEFBG.GRP"

   SPDEF

   DISPLAY 1

   BACKCOLOR 0

   GPAGE 1,1:SPPAGE 4:BGPAGE 5

   DISPLAY 0

   BACKCOLOR 0

   COLOR 15,0:LOCATE 0,0,0:ATTR 0:CLS

   GPAGE 0,0:GCLS 0:GPRIO 1024

   SPPAGE 4:SPCLR

   BGPAGE 5:BGCLR

   VISIBLE 1,1,1,1

  (注:上記コードは説明用のものです。実際にはXSCREEN 0の状態でDISPLAY 1は使用できません)

 次回はリソースの保存、読み出しについて紹介していこう。

※本稿の内容は開発中のものです。製品版配信時には仕様が変更される場合があります。

 「日刊!プチコン3号」で取り上げて欲しいネタや疑問、質問、感想は、ハッシュタグ「#nikkan_petitcom3」をつけてツイート! ライターの瓜生氏がたぶん(連載の中で)答えてくれるぞ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.