レビュー
» 2014年11月13日 08時00分 UPDATE

動画で360度チェック:8.9型タブ「Nexus 9」を動画レビュー Android 5.0 LollipopにTegra K1を搭載

Googleがスマートフォンの「Nexus 6」とともに投入したタブレットが「Nexus 9」だ。最新OSとCPUを搭載した新モデルを見ていこう。

[田中宏昌,ITmedia]

 「Nexus 9」は、米Googleと台湾HTCが共同で開発した8.9型Androidタブレットだ。ユーザーインタフェースに「マテリアルデザイン」を採用した最新OS「Android 5.0 Lollipop」になっているほか、プロセッサに64ビット対応のNVIDIA Tegra K1(2.3GHz)、内蔵GPUはKepler DX1を搭載するなど見どころが多い。2048×1536ピクセル表示(アスペクト比は4:3、画素密度は約281ppi)の8.9型IPS液晶ディスプレイにも注目だ。

 ボディは153.68(幅)×228.25(高さ)×7.95(奥行き)ミリ、重量はWi-Fiモデルが約425グラム、LTEモデルが約436グラムある。ストレージ容量は32Gバイトと16Gバイトモデルが用意されており、ボディカラーはインディゴブラック、ルナーホワイト、サンドの3色から選べる。

 さすがに片手での操作は無理だが、iPad Air 2よりも軽く、片手で持っていても苦にならないスリムかつ軽量ボディは魅力的だ。

 まずは動画をチェックしてほしい。

ht_nn01.jpg 歴代Nexusシリーズとの比較。7型の「Nexus 7」(左)と10型の「Nexus 10」(右)。背面の手触りはNexus 7よりもゴム感が強い
ht_nn02.jpg 7.9型タブレット「iPad mini 3」との比較
ht_nn03.jpg 背面にあるメインカメラは約800万画素で、レンズ部分が出っ張っている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.