特集
» 2014年12月15日 00時00分 UPDATE

PC USERアワード:2014年下半期に編集部が注目した「ゲーミングデスクトップPC」

数あるPCの中でもゲーミングPCは性能が高く、ゲーマーの物欲を刺激するユニークな製品が多い。2014年下半期に登場したゲーミングデスクトップPCからITmedia PC USER編集部がおすすめのモデルを選ぶ(PC USER 20周年特別企画)

[後藤治,ITmedia]

冬休みはゲーム三昧? PC USERオススメのゲーミングモデルをピックアップ!

 PC USER 20周年特別企画、「PC USERアワード 2014年下半期」では、ITmedia PC USER編集部がジャンル別におすすめ製品を格付しながら紹介していく。今回のテーマは「ゲーミングデスクトップPC」だ。対象となる製品は、2014年下半期(7月〜12月)に登場した新モデルとしている。

2014年下半期のおすすめ「ゲーミングデスクトップPC」――ITmedia PC USER編集部が選ぶ
GOLD G-Master Vengeance-Mini(サイコム)
SILVER NEXTGEAR-MICRO im550(マウスコンピューター)
BRONZE GALLERIA X9(サードウェーブデジノス)
Recommended G-GEAR GA7J-H62/ZE(Project White/ツクモ)
Recommended CROYDON CY-IHE8X99A-RV5 (アーク/タワーヒル)
Recommended GS7100-i7-TM(iiyama PC/ユニットコム)

「ゴールド」――G-Master Vengeance-Mini(サイコム)

 2014年下半期の「ゲーミングデスクトップPC」部門で、今回ゴールド賞に選出したのは、BTOメーカーならではのこだわりが光るサイコムの製品から、Corsairとのコラボレーションで実現した「G-Master Vengeance-Mini」シリーズだ。

 サイコムは、フル水冷のカスタムモデルや超静音マシンなど、非常にユニークな製品を数多くラインアップしているが、G-Master Vengeance-Miniも一目で“ちょっと普通と違う”と分かる尖った製品に仕上がっている。

 ケースはキューブタイプ、さらにメモリからCPUクーラー、電源ユニットまで、品質につながる部分はCorsair製の高性能パーツで固め、クリアパネルをはめこんだ左側面には、光りもの好きにはたまらない16色の発光色×4種類の発光パターンが楽しめるイルミネーションオプション(1980円)も用意している。最新ゲームタイトルを快適にプレイできる高いパフォーマンスはもちろん、パーツごとの品質、所有欲をビシビシと刺激してくれる外観デザインなど、いかにもサイコムらしい製品だ。

og_gamingdt_001.jpg 「これぞサイコム!」と思わせてくれたキューブ型ゲーミングPC「G-Master Vengeance-Mini」

og_gamingdt_002.jpg 16色の発光色、4通りのパターンで発行するオプションを用意。水冷クーラーやグラフィックスカードのロゴも光る

 ゲーミングデスクトップPCの基本システム部分は、性能を突き詰めていくとどうしても画一化しやすく、高額になりがちなハイエンドモデルは、それだけの金額を払ってもよかったと納得させてくれる“+α”の部分が必要になる。そういった点で見ても、今回サイコムが企画したG-Master Vengeance-Miniの独自性はゴールドにふさわしい。

「シルバー」――NEXTGEAR-MICRO im550(マウスコンピューター)

 ユニークさを評価したゴールドのG-Master Vengeance-Miniに対し、PCゲームを楽しめる性能をより幅広いユーザーの手が届く価格帯で実現したのがマウスコンピューターの「NEXTGEAR-MICRO im550」だ。

 同社のPCゲーマー向けブランド「G-Tune」のMicro ATXケースを採用しつつも、ゲーミングPCの定番であるZ97ベースのシステムをあえて選ばず、H81ベースとすることでコストパフォーマンスを追求し、気軽にPCゲームを楽しみたいと考えるライト層向けの構成としている。もちろん、計4つのファンが作り出す冷却効果の高いエアフローや振動を抑えるインシュレーターといった定番ケースの特徴はきちんと備えている。

og_gamingdt_003.jpg 高価なイメージの強いゲーミングPCでコスパを追求した「NEXTGEAR-MICRO im550」シリーズ

 価格は最小構成なら5万9800円(税抜き)。ゲーマーから高く支持されているG-Tuneブランドから、「ゲーミングPC=高価」というイメージを突き崩すリーズナブルなモデルが登場したのはカジュアルゲーマーにとってうれしいニュースだ。PCゲーマーの裾野を広げてくれる可能性を評価して、NEXTGEAR-MICRO im550をシルバーに選出した。

「ブロンズ」――GALLERIA X9(サードウェーブデジノス)

 ブロンズ賞は、アキバの有名PCパーツショップ「ドスパラ」で販売しているサードウェーブデジノスのゲーミングPCブランドから「GALLERIA X9」シリーズを選出した。

 高い剛性を誇るGALLERIA専用のKTケースは、ハイエンドPCにふさわしい冷却性能と拡張性を備え、これをベースに同社得意の非常に幅広いBTOメニューから、あらゆる用途に沿った自分だけのマシンを仕立てられるのがウリだ。

og_gamingdt_004.jpg GALLERIA X9

 一口にゲーミングPCといっても、その使い方はユーザーひとりひとりで異なるのが当然。このため、“自分仕様”を追求すると、ショップに行ってパーツ単位で購入し、自作していくのが1つの方法だったが、単にゲームが目的のユーザーはこうしたことをわずらわしいと感じる場合もあるだろう。

 その点で、GALLERIA X9シリーズは、ミドルレンジからハイエンドまで豊富なグラフィックスカードを取りそろえるだけでなく、複数メーカーのSSDや冷却効果の高い水冷オプションに加え、CPUグリスの種類さえ選べるきめ細やかなBTOメニューを用意している。ほとんど自作PCと同じ感覚で直販サイトのオプションを選びながら、ハイエンドクラスの高品質なゲーミングデスクトップPCを余計な手間なく手に入れたい、そんな人にオススメだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.