特集
» 2014年12月18日 15時00分 UPDATE

G-Tune 10周年×PC USER 20周年記念:超格安ゲーミングPCを作ってもらったよ――PC USERコラボモデル「NEXTGEAR-MICRO im550SA6-IT」

G-TuneのゲーミングPCが期間限定で税込み10万円。杉澤さん泣かないで!

[編集G,ITmedia]
og_tune_001.jpg G-Tuneは10周年。Tuneちゃんかわいい

 「G-Tune」は2014年で10周年を迎えた。PC USER読者ならご存じの通り、G-TuneはマウスコンピューターのゲーミングPCブランドだ。

 もともとG-Tuneは、同社のハイエンドシリーズを担っていた「Tune」の名がゲーミングPC専用ブランドとして独立したものだったが、現在はゲームタイトルの名を冠した推奨モデルにとどまらず、e-Sports界から実況配信コミュニティ、MMD(MikuMikuDance)クリエイター、Oculus用アプリ開発者まで、幅広い分野を支援するブランドとして高い人気を誇る。

 さて、お祝いを口実に使って「読者のため」にお得な記念コラボモデルをメーカーに作ってもらうのはPC USERの伝統芸。早速G-Tune担当の杉澤氏のところへ駆けつけた。

とにかく安くゲーミングPC作ってください!

編集G というわけで、10周年おめでとうございます!

og_tune_002.jpg おなじみG-Tune担当の杉澤氏。なんか気取ってないですか

杉澤 ……アポなしで来るのほんとやめてください

編集G いや、一刻も早くお祝いしたくてですね

杉澤 10周年迎えたのって1月なんですけど。もうすぐ11周年の時期に何を言ってるんですかあなたは

編集G そんなことより記念モデル作りましょう。読者が期待してるはずです

杉澤 『そんなことより』じゃないから。だいたいそういう話はあらかじめ企画書送ってくださいよ……ちょっと、なに不思議そうな顔してるんですか。キカクショですよ。編集者として当然でしょう

編集G ……すみません、なんだかお忙しそうですね

杉澤 ええ、まあ。年末ですし

編集G さすがアワード3部門受賞したブランドの担当者は違うなあ。見た目もなんかこう、かっこよくなってますよね。あ、いまちょっと「ウザッっ」て顔しました?

杉澤 いえ、してません

編集G このネックレスとか。なんですかこれ、業界人気取りですか

杉澤 ちょ、触んなって

編集G はー、なんだか杉澤さんが急に手の届かない人になったみたいで寂しいです。昔はアポなしでもこころよく応対してくれて、もっと気さくな人だったのになー

杉澤 ……帰る気なさそうですね。それで、どんなコラボモデルがいいんですか?

編集G 安いやつ

杉澤 ざっくりしてんなおい

編集G ゲーミングPCで、例えばFF14がサクサクプレイできる、限界まで安いデスクトップPCとかどうでしょう

杉澤 あれ? でもG-TuneのノートPCで何度かFF用のコラボモデルしてますよね。コタツでFFやるんだーとか言いながら自腹で購入してませんでした?

編集G コタツって快適過ぎて眠くなるじゃないですか。こないだ寝オチしかけてカータテロしまくって、もうパーティ内の空気がギスギスで大変だったんですよ。ダラダラ遊びたいときはコタツでノート、でも真面目にやるときはやっぱりそれ用のPCが必要だなと反省しまして

杉澤 何言ってるのかほとんど分からないんですけど、それ完全に個人的な事情ですよね?

編集G ……という悩みを抱えている読者のために、格安でゲーミングデスクトップPCを作れたらいいなって思いましたまる

杉澤 とにかく今回はデスクトップPCなんですね。予算の目安はありますか?

編集G 10万円! 10周年!

杉澤 となると、だいぶ候補は絞られますが……「NEXTGEAR-MICRO im550」をベースにするのはどうですか? いわゆるカジュアルゲーマー向けに味付けしたモデルで、チップセットはH81ベースになりますが、そのぶん税別5万9800円からっていう、かなりリーズナブルな価格が特徴です。ケース自体はMicro ATXの上位モデルと同じなので品質も高いです

og_tune_003.jpg NEXTGEAR-MICRO im550

og_tune_004.jpg ケースはMicro ATXの上位モデルと同じおなじみのケース。メッシュ加工の前面パネルと4つの大型ファンにより余裕のあるエアフローを確保している

編集G なるほど。それならNEXTGEAR-MICRO im550をベースにして、CPUは一番上のCore i7-4790Kで、メモリは最低でも8Gバイト、待たされるのはイヤなので240GバイトのSSDを積んで、グラフィックスは当然GTXクラス。おー、これで10万円ならお得じゃないですか?

杉澤 いやそれ無理ですから。だいたい5万9800円はCore i3を載せた価格ですよ。CPUを最上位にして240GバイトクラスのSSDを積むとなるとかなり厳しいですね

編集G じゃあ光学ドライブと、それにデータ用のHDDも取っちゃっていいです。どうせゲームしかしないし

杉澤 もう『自分のため』だって隠そうともしてませんね……。BTOにはないメニューですが、SSDのみのHDDがない構成にして――ああ、それでもまだ厳しいです

編集G グラフィックスカードをGTX 750にしたらどうですか? 760は欲しいけど、FF14ならまあ、問題ないし

杉澤 うーん。ちょっと前まではいけそうな価格だったのですが、円安の影響もありまして

編集G 失望しました

杉澤 はい?

編集G これだけ譲歩しているのに杉澤さんは無理だという。失望しました

杉澤 ギリギリで税別11万円ならなんとか……ほら、もう12月ですし、11周年がすぐそこなのでちょうどいいじゃないですか。『もうすぐ11周年! 税別11万円のコラボモデル!』

編集G 杉澤さん、どうやらあなたはまだ私のことを理解していないようですね。10周年だから10万円。これはすでに確定している事実です。だってさー、格好つかないですよ。なんですか「もうすぐ11周年」って

杉澤 はぁ……じゃあこうしましょう。標準スペックはCore i7-4790で、「期間限定」で4790Kへの無償アップグレード。価格も通常で税別11万円ですが、「期間限定」で10万円。円安の影響で部材がどうなるか分からないので「期間限定」としか言えませんが、なんとかそれでかけあってみます

編集G さすが杉澤さん。できる男はやっぱり違うなあ。ちなみに「税込み10万円」ですよね?

杉澤 もう……はい……それで……

編集G 泣いてもいいんですよ?

杉澤 誰のせいだよ!


 というわけで、マウスコンピューター杉澤氏の協力を得て、PC USERコラボモデル「NEXTGEAR-MICRO im550SA6-IT」が実現した。以下に掲載したベンチマーク結果を見れば分かるように、最上位のCPUと高速レスポンスを約束するSSDを搭載するうえ、FF14程度のゲームであれば快適に楽しめるグラフィックス性能を備えている。税込み10万円で購入できるゲーミングモデルとしては破格のコストパフォーマンスだ(ただし期間限定)。

og_tune_005.jpgog_tune_006.jpg CINEBENCH R11.5(画面=左)とCINEBENCH R15(画面=右)の結果

og_tune_007.jpgog_tune_008.jpg 3DMark(画面=左)とファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(画面=右)の結果

 冬休みのゲームライフに向けてPCの新調を検討している人は、是非「NEXTGEAR-MICRO im550SA6-IT」に注目して欲しい。期間限定の衝撃特価モデルです!(→販売ページへ

og_tune_009.jpg 通常価格11万円(税別)のところ、期間限定でCPUを無償アップグレードし、さらに税込みで10万円! もともとコスパに優れるうえ、単純計算でも1万8800円+CPUアップグレード代がお得だ!

編集G そうそう、杉澤さん。NEXTGEAR-MICROのケースって側面をクリアパネルにできますよね。AVAエディションとかG-Tuneちゃんエディションもありますし、レーザー加工でオリジナルの絵を入れたりもできるんですか?

杉澤 できますね

編集G いいこと思いついちゃった

杉澤 ……もしかしてこの企画、まだ続くんですか!?

(つづく?)

top_features1_icon_2_1406890561.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
Haswell-E+X99であと5年は戦える! 定番ゲーミングPCブランド「G-Tune」から先進のハイエンドモデルが堂々のデビュー!!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.