ニュース
» 2014年12月22日 16時12分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「これぞ規格外」――水冷クーラーつきのGTX 980カード3枚セットが登場 (1/4)

箱が一般的なPCケースのもより大きく、価格は43万円台で、国内入荷数は1ケタ……ツッコミどころ満載の超ハイスペックパーツがギガバイトから登場した。冬ボでいかが?

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「国内入荷は5本らしいです」――ギガバイトの「GV-N980X3WA-4GD」が強烈なインパクトを残す

 先週の新製品で最も注目されていたのは、ギガバイトの「GV-N980X3WA-4GD」だ。GeForce GTX 980搭載のグラフィックスカード3枚と、大型ラジエーターを備える水冷クーラーをつないだユニットで、1つで3-way SLIが構築できる。価格は43万円強だ。

og_akibapickup_001.jpg ギガバイト「GV-N980X3WA-4GD」

 GV-N980X3WA-4GDに使っているGTX 980カードは、1枚あたり、コアクロックが通常1228MHz/ブースト1329MHzとそれぞれ標準から100MHz強アップした仕様になっており、DVI×2とHDMI×1、DP×3の出力端子を備えている。補助電源は8ピン×2で、カード長さは285ミリだ。それらを冷却する水冷クーラーは長さ504ミリの冷却部の中に12センチファンを3連搭載し、巨大ラジエーターでまとめて放熱する作りになっている。そのほか、3-Way SLI用のブリッジカードやチューブの通り道となる5インチベイユニットなどが付属。3-Way SLIを構築する場合の推奨システム電源容量は1200ワットとなる。

 パッケージも巨大だ。代理店のCFD販売は確認中としているが、一般的なATX対応のPCケースのものよりも大きい。そのため、グラフィックスカードコーナーに置けず、POPや値札などで入荷を知らせる例が多かった。

 入荷したドスパラ パーツ館は「見た目も価格も性能もインパクトがすごいですね。重さもPCケースの箱よりも上なので、持ち帰るにも色々と手段を考えなくてはならないでしょう」と笑いながら話していた。

 性能については、3-Way SLIを前提にした冷却構造を備えている点を評価する声が多かった。パソコンSHOPアークは「これぞ規格外という感じです。4Kでゲームをするような超ハイスペックを要求する使い方を考えている人には面白い製品かもしれません」と話す。TSUKUMO eX.も同様に「ハイエンドの3-Way SLIで冷却までトータルで考えた自作パーツはそうはないので、そこまで高度な自作の技術はないけれど超高性能を目指したいという人に刺さるかも」と分析していた。

 各ショップの入荷数は1〜2個と少なく、「国内全体で5枚らしい」(某ショップ)といったウワサもある。即座に売り切れるといった予想は聞かれなかったが、この冬に飛躍的な性能アップを目指すなら、早めに注文するのが得策かもしれない。

og_akibapickup_002a.jpgog_akibapickup_003b.jpg GV-N980X3WA-4GDの構成イメージ写真。水冷ボックスはPCケース上部に固定することを想定している(写真=左)。4ページ目で紹介するATXケース「Define R5」の箱と並べたところ(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.